ニュース
» 2014年05月07日 00時00分 UPDATE

R25スマホ情報局:初対面で交換するのにためらう「連絡先」

TwitterやFacebook、LINEなどのSNSが普及しアカウントを教え合うことも一般的だ。そこで、複数のSNSを利用した経験がある人に対し、「初対面で交換するのに躊躇するものは何か?」を聞いてみた。

[R25スマホ情報局]
R25スマホ情報局

 かつては、ビジネスシーンで初対面の人と交換するものといえば、名刺のみ。けれど今や、TwitterやFacebook、LINEなど数多くのSNSが普及しており、それらのアカウントを教え合うことも一般的になっている。とはいえ、プライベートをさらす気がして躊躇してしまう…なんて人もいるだろう。そこで今回、複数のSNSを利用した経験がある人に対し、「初対面で交換するのに躊躇するものは何か?」を聞いてみた(対象:全国の20代、30代の男女227人、協力:ファスト・アスク)。

ビジネスシーンで初対面の人と交換するのに躊躇するものTOP5(複数回答)

  • 1位 私用の携帯電話の番号 (57.3%)
  • 2位 私用のメールアドレス (52.9%)
  • 3位 LINEのアカウント (50.7%)
  • 4位 Facebookのアカウント (47.6%)
  • 5位 Twitterのアカウント (37.9%)

 上位4つは、「ほぼ2人に1人」が躊躇するという結果に。LINEやFacebookはプライベート性が高いため、躊躇する人も多いようだ。ちなみにそれには、過去に嫌だった経験をしたことが原因…という人も少なくないみたい。併せて行った以下のアンケート結果も見てほしい。

ビジネスシーンで初対面の人と交換して、後悔したものTOP5(複数回答)

  • 1位 交換して後悔したものはない (56.8%)
  • 2位 私用のメールアドレス (22.5%)
  • 3位 私用の携帯電話の番号 (22.0%)
  • 4位 Facebookのアカウント (12.3%)
  • 5位 LINEのアカウント (10.6%)

 上記のように、半数以上を「交換して後悔したことはない」が占めたものの、2位と3位の項目が2割強、4位と5位で1割程度が、「教えたことで後悔した」経験を持っている。

 メールアドレスを教えて後悔した人の代表的な理由は、スパムメールやチェーンメールなどの「迷惑メールが増えた」というもの。また、「休日に仕事の連絡が来た」(35歳、男性)という声も。そしてSNSに関しては、「イベントなどの誘いがしつこく来た。LINEだと既読になってしまうため、無視することが難しかった」(36歳、女性)、「Twitterアカウントを教えたら宗教への勧誘が頻繁にきた」(24歳、女性)、「リア充すぎる投稿が多く、『いいね!』を押さざるを得ない状態が不快」(38歳、男性)など、自分にとって関心のない、もしくは聞きたくない情報が入ってくることに煩わしく感じた、という理由が多い。また、「転職しても連絡が取れてしまうこと」(27歳、男性)という理由もあり、一度つながりを持ってしまうと関係をリセットするのが煩雑、というSNSならではの理由もある。

 SNSは新たな交流やビジネスの幅を広げることのできるツールである一方、面倒な付き合いを招いてしまうことが明らかになった。ビジネスシーンの初対面では、その後の関係に大きく関わることもあるだけに、何を交換するのか、シビアな見極めが必要なのかも。

関連キーワード

スマートフォン | 交換 | ビジネス | SNS | 名刺


© 2017 RECRUIT HOLDINGS CO.,LTD. all rights reserved.
© 2017 Media Shakers Inc. all rights reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう