ニュース
» 2014年05月15日 15時35分 UPDATE

KDDI、iPadの割引と新しいデータシェアキャンペーンを実施

KDDIが、au向け「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を割り引くキャンペーンと、スマホとタブレットで7Gバイトずつ利用できる新しいデータキャンペーンを案内した。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIが5月15日、2つのキャンペーンを案内した。

Always with iPad!キャンペーン

 5月23日から8月3日まで、iPadが最大1万3000円(税別)割引になるキャンペーン「Always with iPad!キャンペーン」を実施する。auの「iPad Air」か「iPad mini Retinaディスプレイモデル」を新規契約で購入すると、本体価格から最大1万3000円が割り引かれる。

 対象条件は、「LTEフラット for Tab(i)」または「LTEフラット for Tab(i)cp」+「誰でも割シングル」に加入すること。ただし、誰でも割シングルは2年単位で自動更新となり、途中解約をすると9500円(税別)の契約解除料がかかる(更新月を除く)。

はじまる!データシェアキャンペーン

 KDDIは「データシェア」に先駆けて実施している「先取り!データシェアキャンペーン」の受付を5月22日で終了し、5月23日に「はじまる!データシェアキャンペーン」を開始する。期間は8月末まで。

 先取り!データシェアキャンペーンでは、「LTEフラット for Tab cp/Tab(i)cpスタート割」として1998円(×24カ月、税込)を割り引き、月額3078円の「スマホセット割」に加入すると、スマートフォンとタブレットでそれぞれ毎月7Gバイトまでの通信を利用できる。

 はじまる!データシェアキャンペーンでは、LTEフラット for Tab cp/Tab(i)cpスタート割を適用しない代わりに、より割引額が高い2565円(×24カ月、税込)の「毎月割」を適用する。使用できるデータ量は以前と同じく、スマホとタブレットそれぞれ7Gバイトまで(通信量は分け合えない)。

 なお、データシェア開始後は、9Gバイトの中からスマートフォンで7Gバイト、タブレットで2Gバイトの通信量を分け合う形になる。データシェアの開始時期は未定。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.