ニュース
» 2014年09月08日 20時50分 UPDATE

NTTドコモ、「カケホーダイ&パケあえる」にパケット翌月繰り越しなどのプランを追加

NTTドコモが提供する新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の「パケットパック」に、データ量を翌月へ繰り越す「パケットくりこし」や単身利用者向けの「データLパック」を追加。追加データ量を購入した時に利用期限の延長も実施する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモは2014年9月8日、「カケホーダイ&パケあえる」に新料金プラン追加などの改良を加えると発表した。

 まず、「パケットパック」で、未使用のパケットを翌月に繰り越す「パケットくりこし」を導入する。また、利用可能データ量を使い切った後に、追加で購入するデータ量の利用期限を1カ月延長する。さらに、パケットパックに単身利用者向けの料金プラン「データLパック」などを追加する。

 パケットくりこしは、使わなかったデータ量を1Gバイトごとに翌月へ繰り越し可能にするもので、シェアしている家族や同一法人間などで分け合うこともできる。10月1日から繰り越し可能とする(10月未使用分を11月に繰り越し)。

 対象となるユーザーは、「データMパック」「データLパック」または「シェアパック10〜30」「ビジネスシェアパック10〜3000」を契約しているユーザー。「データSパック」と「らくらくパック」のユーザーは対象外だ。詳しくは以下の表を参照のこと。

  パケットパック 利用可能データ量 料金 パケットくりこし
対象 シェア利用
1人向け データSパック 2Gバイト 3500円 × ×
データMパック 5Gバイト 5000円 ○(「2台目プラス」適用)
データLパック 8Gバイト 6700円 ○(「2台目プラス」適用)
家族向け シェアパック10 10Gバイト 9500円
シェアパック15 15Gバイト 1万2500円
シェアパック20 20Gバイト 1万6000円
シェアパック30 30Gバイト 2万2500円
法人向け ビジネスシェアパック10〜3000 10〜3000Gバイト 9500円〜190万円
らくらくスマートフォン向け らくらくパック 200Mバイト 2000円 × ×

 また、パケットパックの利用可能データ量が超過してしまい、通信速度が落ちた時に、再び通常速度で使えるように追加でデータ量を購入(1000円/1Gバイト)したときの追加分の利用期限を延長する。従来は追加分の利用期限は購入月末だったが、これを1カ月延長して購入月の翌月末とする。10月1日から利用可能になる。

 さらに9月19日からは、従来単身利用者向けに提供していた2Gバイトの「データSパック」と5Gバイトの「データMパック」に加え、月額6700円(税別)で8Gバイトまで使える「データLパック」を追加する。

パケットパック 利用可能データ量 シェア可否 契約年数及び毎月の割引額
1st(5年未満)月額定額料 2nd(5年以上) 3rd(8年以上) プレミア(10年以上) グランプレミア(15年以上)
データSパック 2Gバイト 1人で利用 3500円 -600円
データMパック 5Gバイト 5000円 -600円 -800円
データLパック 8Gバイト 6700円 -600円 -800円

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.