レビュー
» 2014年09月18日 17時46分 UPDATE

iOS 7からココが変わった:「iOS 8」をさっそく使ってみた――進化/変化したポイントを速攻レビュー (1/4)

いよいよ配信された「iOS 8」。メジャーバージョンアップと言うことで、さまざまな新機能が追加されたが、実際の使い勝手はどうか? iPhone 5sにインストールしてみたので、さっそくチェックしてみた。

[田中聡,ITmedia]

 iPhoneやiPadなどで利用できる「iOS 8」が日本時間の9月18日に配信された。iOSは、年に1度のペースでメジャーバージョンアップがなされており、iOS 8は2014年の最新OSとなる。Appleが「アップデートにより何百もの機能が追加される」と紹介しているとおり、アップデートの内容は非常に多岐にわたる。ここではファーストインプレッションということで、日常的に使う機能を中心にレビューした。今回は「iPhone 5s」を使用した。

 なお、iOS 8の詳細はAppleのWebサイトで紹介されているほか、ITmedia Mobileでもまとめている(→「iOS 8」で何が変わる?――新機能をざっくりチェック )ので、あわせて参照してほしい。

メッセージ

ボイスメッセージを送信できる

 コミュニケーションの新しい形を提供してくれそうなのが、ボイスメッセージだ。メッセージアプリ上で音声を録音して簡単に送信できる。マイクのアイコンをタップしながら話し、上の「↑」アイコンに向かって指をスワイプするか、指を離してからと「↑」アイコンをタップすると、音声データが送信される。やり直したいときは左の「×」アイコンに向けてスワイプするか、「×」アイコンを押せばよい。

 録音できる長さに制限があるかは分からないが、1分は録音できた。「おはよう」「今帰るよ」など、ちょとしたメッセージを送るほか、長文を打っている時間がないときにも重宝しそうだ。

 受信したら、音声データの▲アイコンをタップすると再生できる。マナーモード中でもスピーカーから音は再生される。ファイル形式は「amr」。音声データは添付ファイル扱いになるので、後述する「詳細」から、過去の音声ファイルを一覧できる(写真や動画の添付ファイルと混在する形になる)。

photophotophoto 右側のマイクアイコンをタップしながら録音。終わったら「↑」に向けてフリックすると、送信される。指を離して▲アイコンを押すと、録音した内容を確認できる。写真は自分のiPhoneに送ったものなので、送受信した両方の音声データが表示されている

 なお、ボイスメッセージはiMessageの新機能という位置付けなので、iOS搭載機以外のAndroidスマートフォンやフィーチャーフォンなどには送信できない。iOS 7のデバイスでは再生はできた。iOS 7のiPhone 5sに送ったところ、メッセージアプリ上では「Audio Massage.amr」というファイルが表示され、タップすると再生画面に切り替わる。

photophoto SMS/MMSではマイクアイコンは表れない(写真=左)。iOS 8以外のiOSデバイスで受信すると、メッセージアプリ上にamrファイルが表れる。ここを押すと再生画面に移る(写真=右)

写真や動画を簡単に撮影→送信できる

 メッセージアプリで(写真の添付などに使う)カメラアイコンを長押しすると、上に静止画、右に動画撮影用のショートカットが表れる。そのまま上にスワイプすると写真が撮影され、即送信される。赤い録音用のアイコンをタップすると、動画撮影がスタート。撮影の終了後に「↑」アイコンをタップすると、動画が送信される。

 カメラは初期状態ではインカメラになっているが、アウトカメラに切り替えることもできる。

 iMessageでしか利用できないのが残念だが、ボイスメッセージと合わせ、通話をせずに感情や表情を手軽に送信できるのはうれしい。

photophotophoto
photophoto カメラアイコンを長押しして写真や動画を簡単に撮影→送信できる

複数の写真を送信できる

 iOS 7以前は、写真は1件ずつしか添付できなかったが、iOS 8では複数の写真をまとめて送信できる。メッセージでカメラアイコンをタップすると、直近に撮影した写真のサムネイルが表示されるので、左右にスクロールしながら、送りたいデータをタップすればよい。最後に「○枚の写真を送信」を押せばよい。ただしここで表示されるサムネイルは10数件と少ない。表示されていない写真は、フォトライブラリから選ぶことになる。

photophoto カメラアイコンを押し、送信したいデータのサムネイルを選ぶ。「コメントを追加」を選ぶと、本文の作成に移り、写真の後にコメントが送られる

添付した写真や動画が大きく表示される

 細かいところだが、メッセージでやり取りした写真や動画のプレビューが、iOS 7に比べて大きく表示される。

photophoto 左がiOS 8、右がiOS 7

添付した写真や動画を簡単に保存

 受信した写真や動画のプレビューを長押しすると、サブメニューの中に「保存」という項目が新設されており、これを押すと、写真アプリに保存される。iOS 7では写真や動画を開いてから左下のアイコンをタップ→「画像を保存」といった操作をする必要があったので、保存までのステップが短縮された。

photo

「詳細」から位置情報の送信や添付ファイルの一覧などが可能に

 メッセージの一覧画面に「詳細」という項目が新設された。従来どおり、連絡先のデータを見たり、電話を発信したりできるほか、現在地の送信が可能になった。待ち合わせのときに重宝しそうだ。ただし「現在地を送信」をタップすると、すぐに送信されてしまうので注意したい。「位置情報の共有」も可能で、相手が今どこにいるのかを逐一把握できるようになる。

 通知をオフにする「おやすみモード」も、この詳細から設定できる。これにより、相手ごとにメッセージの通知をオフにできるようになった。

 相手とやり取りした写真、動画、音声、現在地などの添付ファイルも、ここから一覧できる。

photophotophoto iOS 7では「連絡先」となっていた項目が「詳細」に変更された。ここから位置情報の送信、おやすみモードの設定、添付ファイルの一覧ができる

グループメッセージの設定が拡張

 グループメッセージをやり取りしている画面から「詳細」に移ると、グループ名の入力、連絡先の追加、現在地の送信と共有、おやすみモードなどの設定ができる。こっそりチャットから抜けることも可能だ。なお、グループ名の設定はiMessageでしかできない。

photophoto 「詳細」からさまざまな設定ができる

関連キーワード

iOS | iOS 8 | iOS 7 | iPhone | iMessage | iPhone 5 | iPhone 5s | 位置情報 | Apple | iPad | MMS | SMS


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.