ニュース
» 2014年12月02日 15時55分 UPDATE

ユニバーサル料、2015年1月分から1円値下げ

キャリア各社は、現在3.24円のユニバーサルサービス料を2015年1月利用分から1円値下げする。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ワイモバイルのキャリア各社は、2015年1月利用分からの「ユニバーサルサービス料」を値下げすると発表した。

 通常契約(ポストペイド)の場合、1番号あたりの同料金を現行の月額3.24円(税込)から2.16円とする。ソフトバンクのプリペイド契約では、料金をチャージするごとに7円を徴収する。

 ユニバーサルサービス料は、NTT東西の固定電話や公衆電話の保守・緊急通報の提供を確保するために必要な費用を、携帯電話やIP電話のユーザーが負担する制度。通信事業者らで構成する電気通信事業者協会(TCA)が定期的に見直している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.