ニュース
» 2014年12月17日 17時05分 UPDATE

Android端末でUSB機器を使う:バッファロー、Androidタブを充電しながらUSB機器が使える4ポートUSBハブ発売

Android搭載タブレットを充電しながらマウス、キーボードなどUSB機器を使える4ポートUSBハブがバッファローから発売。

[エースラッシュ,ITmedia]

 バッファローは、12月17日に「Android用充電機能付きUSBハブ 4ポートセルフパワータイプ(BSH4AMB03BK/N)」の予約受付を開始した。価格は2980円(税込)。取り扱いは直販サイトとAmazon.co.jp限定で、出荷は12月26日を予定している。

PhotoPhoto 「Android用充電機能付きUSBハブ 4ポートセルフパワータイプ(BSH4AMB03BK/N)」

 本製品は、Andoroid搭載スマートフォン/タブレットに接続できるUSB microB端子を備えたUSBハブだ。正面に3ポート、側面に1ポートを配置した計4ポートで、Android端末をはじめ、接続したUSB機器を充電/給電しながら利用できる。

 コンセントから給電できるACアダプターが付属し、セルフパワーハブとして利用可能。Android端末に接続するUSBケーブルは本体直付けのため紛失する心配がない。1ポートからの最大出力は1.5アンペア、4ポート合計で2アンペア以内。通電状況を確認できるLEDランプを用意し、ドライバーインストールを必要とせずUSBポートに挿すだけですぐに使用可能だ。また、高速USB 2.0の性能をいかせる最大480Mbps(理論値)のハイスピードモードに対応している。

 対応機種は、ACA-Dock機能に対応した「Nexus 7(2013年モデル)」「GALAXY Tab S 8.4」「GALAXY Note 3」「Dell Venue 8 ProAndroid」などのAndroid搭載端末。対応OSは、スマートフォンがAndroid 2.3.4以降、タブレットがAndroid 3.1以降。

 本体サイズは88(幅)×63(奥行き)×19.5(高さ)ミリ。重量は約72グラム(ACアダプタ含まず)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.