ニュース
» 2015年01月15日 13時45分 UPDATE

下り最大220MbpsのWiMAX 2+対応ルーターがauからも登場、月4380円で使い放題プランも

KDDIが、WiMAX 2+対応モバイルルーター向けに、使い放題の新料金プランを提供する。ルーター購入時に同プランに契約すると、月4380円で高速通信を利用できる。

[村上万純,ITmedia]

 KDDIは1月15日、WiMAX 2+に対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」」(Huawei製)を発表。1月30日に発売する。UQコミュニケーションズが発表したものと同じモデルで、キャリアアグリゲーションにより、WiMAX 2+で下り最大220Mbpsの速度を実現している。カラーはMARINEとWHITEの2色。

photo WiMAX 2+に対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」」

 WiMAX 2+に対応するモバイルルーター向けの新料金プラン「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」も2月20日から提供する。WiMAX 2+対応のモバイルルーターを購入時に同プランを契約すると、月500円(税別、以下同)を最大25カ月割り引く「WiMAX 2+ おトク割」が適用され、「誰でも割シングル」適用時に月4380円(で利用できる。これに合わせて、モバイルルーター購入時に既存の「WiMAX 2+ フラットfor DATA」(月7Gバイトが上限)を契約すると、最大25カ月間「ハイスピードモード」利用時の速度制限がなくなる特典は2月19日に受け付けを終了する。

photo 料金プラン

 WiMAX 2+ フラット for DATA EXは月間のデータ通信量に制限はないが、WiMAX 2+ フラットfor DATAと比べてエリアの混雑状況に応じて速度が低下する場合があるという。また、直近3日間の通信量が3Gバイト以上になった場合は翌日に通信速度を制限する場合がある。

 さらに、au向けスマートフォンおよびフィーチャーフォンを利用していると、毎月の携帯電話料金から最大934円が割り引かれる「auスマートバリュー mine」も適用可能だ。

photo 「auスマートバリュー mine」対象の料金プラン

 そのほか、月1005円で下り最大150MbpsのauのLTE通信が利用できるオプションサービス「ハイスピードプラスエリアモード (WiMAX 2+/4G LTE)」も利用できる。ただし、同プランはデータ通信量が月7Gバイトを超えた場合、通信速度が下り上り共に最大128kbpsに制限される。また、1月15日に下り最大220Mbpsのキャリアアグリゲーションに対応した新モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W01」が発売されたことを記念し、5月末まで同モードのオプション料金が無料になるキャンペーンを実施する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.