ニュース
» 2015年02月20日 09時03分 UPDATE

iPad版OneNote、手描きメモとOCR対応機能追加

Microsoftが、iPad版OneNoteをアップデートし、スタイラスも使える手描きメモと画像内のテキストを検索できるようにするOCR機能を追加した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月19日(現地時間)、メモアプリ「OneNote」のiPad版をアップデートし、手描き機能を追加した。また、これまでWindows 8.1版でのみ可能だったOCR処理機能を、すべてのアプリで利用できるようにした。

 OneNoteは、テキスト、画像、動画、音声を記録し、MicrosoftのクラウドストレージOneDriveを介して共有できるメモアプリ。Microsoft Officeスイートの各エディションに含まれるほか、Android版、iPhone版、iPad版、Windows Phone版、Webアプリ版(OneNote Online)がある。無料だが、利用するにはMicrosoftアカウントが必要だ。

 手描き機能はAndroid版など他のプラットフォーム向けでは既に使えるようになっており、iPadユーザーから最もリクエストの多い機能の1つだったという。

 onenote 1

 スタイラスの利用で、小指球(手の小指側の側面)を画面につけても誤動作しないようにする「Palm Rejection」設定もできる。左利きや、スタイラスの持ち方別に設定できる。

 onenote 2

 OCR機能は、端末のカメラでホワイトボードやレシートなどを撮影し、文書として保存すると、画像内のテキストがOCR処理され、後から検索できるようになるというもの。日本語もサポートしている。

 onenote 3 検索結果に表示された画像内のテキスト

関連キーワード

iPad | Microsoft | OCR | OneNote | 手書き | iPadアプリ | 左利き


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.