レビュー
» 2015年03月19日 08時30分 UPDATE

動画で360度チェック:続々登場するiPhone 6 Plus/iPhone 6ケースを試す

続々と登場しているiPhone 6 Plus/iPhone 6の保護ケース。今回は、Spigen(シュピゲン)の製品を動画で見ていこう。

[田中宏昌,ITmedia]

 Spigenの定番ケースといえる「ウルトラ・ハイブリッド」に、iPhone 6 Plus/iPhone 6用が発売された。ウルトラ・ハイブリッドは、TPU素材のバンパーと背面を守るハードカバーを組み合せた二重構造によって耐久性を確保。TPU素材の各コーナーに0.5ミリ高の突起を配置するほか、液晶部分もバンパーが0.5ミリほど出っ張っているので、万が一デバイスを落下させても傷が付きにくい。

 底面の端子部分と、左側面にあるサイレントモード切替スイッチ部分はくりぬかれていてアクセスしやすい。一方、音量調節ボタンやスリープ/スリープ解除ボタンはバンパーで覆われており、手触りで判別できるよう位置を示すマークがほられている。

 バリエーションは、メタル・スレート、ブラック、スペース・クリスタル、ガンメタル、クリア(透明)、クリスタル・クリア(IDスロット付き)などに分かれており、価格はIDカードを収納できるクリスタル・クリアが2290円、その他が1990円だ(Amazonでの価格、税込)。同社では特価販売を行うなど価格は随時変動しているので、気になる人はチェックするといいだろう。

ht_sc01.jpg 「ウルトラ・ハイブリッド」のパッケージ。左がiPhone 6 Plus用、右がiPhone 6用だ
ht_sc02.jpg 底面にあるLightningコネクタは、周囲が2ミリほどくりぬかれている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.