ニュース
» 2015年03月23日 20時28分 UPDATE

合鍵はメールで渡せる:スマートフォンが自宅や職場の鍵になる――「Akerun」、4月23日発売

フォトシンスが、スマートフォンを鍵にするサービス「Akerun」を4月23日に発売する。ドアのサムターンの上に取り付けたAkerunとスマートフォンをBluetooth認証することで、鍵の解錠と施錠ができる。価格は3万6000円。

[田中聡,ITmedia]

 フォトンシンスが3月23日、スマートフォンを使って鍵を解錠・施錠できる後付型スマートロックロボット「Akerun(アケルン)」を発表。3月23日にWebサイトで予約受付を開始し、4月23日から販売する。価格は3万6000円(税別)。

photo 「Akerun(アケルン)」

 ドアのサムターン(つまみ)の上に取り付けたAkerun本体とスマートフォンをBluetoothで認証することで、鍵の解錠と施錠が可能。ドアにスマートフォンを近づけるだけで鍵が開くほか、Akerunを設置したドアを閉めると自動で鍵がかかるオートロック機能も備えているので、鍵を持ち歩く必要がなくなる。

 Akerunは、サムターンとドアノブが離れている一般的なタイプのドアに対応しており、アプリ経由で写真を撮影して、対応ドアかどうかを診断できる。ドアへの取り付けに専用の工具は必要なく、5分で取り付けができるという。

 アプリ上で鍵を渡したい人の携帯電話番号やメールアドレスを入力して、有効期間など鍵の条件を設定して送信すると、SMSやメールで合鍵を渡せる。鍵を持っている人たちの入退室履歴はリアルタイムで閲覧でき、家族、友達、恋人、ルームシェア相手、家事代行業者の活用を見込んでいる。

photo アプリから合鍵を発行できる
photo 入退室履歴をリアルタイムで管理できる

 ビジネスでの用途も想定しており、例えば、アプリからホテルの部屋に直接チェックイン・チェックアウトをしたり、仲介会社が不動産会社に鍵を借りずに賃貸物件の内覧会を開いたりもできる。入退室情報をもとにオフィスや店舗のタイムカードとして利用することも可能だという。

 フォトシンスは、2015年度中にAkerunを1万台出荷することを目標としており、ホテルチェーンや不動産管理会社・仲介会社にサービスを拡大させていくとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.