ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「入退室管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「入退室管理」に関する情報が集まったページです。

Alexa、話しかけなくても定型アクションを実行できるように 入退室を検知
アマゾンジャパンが「Echo」シリーズで、ユーザーの入室・退室を検知し、ユーザーが話しかけなくても定型アクションを実行する機能の提供を始めた。(2022/1/12)

人工知能ニュース:
マスク着用時も99.9%で認証、顔認証入退管理システムの新モデルを発表
パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、顔認証による入退管理システム「KPAS」の新モデルを発表した。従来より小型化しつつ、大規模システムにも対応し、非接触で安心な入退セキュリティを提供する。(2021/11/17)

BAS:
自動ドアなどロボットの横フロア移動や複数棟の設備監視など、「Ville-feuille」に機能追加
三菱電機は、ビルIoTプラットフォーム「Ville-feuille」に新機能として、サービスロボットのセキュリティエリアを超えた横移動を可能にする「入退室管理システム連携」と、複数棟の設備稼働状況をクラウドで一元管理する「遠隔監視・制御」を追加した。(2021/11/4)

Suica1つでオフィスやホテルの入退室認証を完了 JR東日本、12月に提供開始
Suicaなどの交通系ICカードを入退室の鍵として利用できる「Suicaスマートロック」を、12月から提供。ユーザーの使い勝手をよくすることで、利用拡大を狙う。(2021/9/1)

手持ちのSuicaが入退室の鍵になる「Suicaスマートロック」 2021年冬に提供
JR東日本メカトロニクスとアートは、Suicaを入退室の鍵として利用できる「Suicaスマートロック」を2021年冬に提供開始する。オフィス、ホテル、マンション、駐車場、ロッカーなどの利用を想定している。(2021/8/31)

顔認証でオフィスの“密”防ぐ NTT Comとパナソニックが共創開始
NTT Comとパナソニックは、「顔認証を統合IDとするデータ利活用」の共創を開始した。NTT Comのデータ利活用基盤とパナソニックの顔認証技術を活用し、顔認証による非接触での入退室や、属性に合わせたパーソナルな照明・空調制御による生産性向上を支援するソリューション提供を目指す。(2021/6/9)

NEWS
マスク付けて「顔パス」OK 三井住友FGが自社ビルに顔認証入退館システムを導入
三井住友FGは新オフィスビルに入退室管理システムを導入した。高精度の顔認証技術で従業員以外の不正入館を防ぐ。マスクを着用した人の顔認証も可能にし、従業員の利便性確保と感染症拡大防止を両立させた。(2021/4/5)

Hitachi Social Innovation Forum 2020 TOKYO ONLINE:
オフィス就業者の働き方に寄り添う日立のスマホアプリ、基盤の「spaceOS」創業者らが可能性を語る
日立製作所は、オフィスで働く人がビル内の会議室やレストランの施設予約や各種情報の入手、就業者間のコミュニティー活動、非接触での入退室などをスマホアプリで一元的に行えるサービスプラットフォームを開発した。既に日立グループ内でのPoC(Proof of Concept:概念実証)を開始しており、日立のIoTプラットフォーム「Lumada」のビル分野での新ソリューションとして提供開始に向けた準備を進めている。(2021/2/15)

NEC、生体認証と連携するIDプラットフォーム 入退室管理や店舗決済を自動化
生体認証と社員番号などのIDを連携し、オフィスや商業施設の入退室館理や店舗での決済などを自動で行えるクラウドサービスをNECが提供。価格は月額50万円(税別)から。(2021/1/14)

密回避ソリューションセミナー:
パナソニック LS社が人の密集を可視化するシステムを開発、濃厚接触者の追跡に貢献
パナソニック ライフソリューションズ社は、建物内の人が密集するエリアを可視化する屋内位置情報システムを開発した。屋内位置情報システムは、既にリリースしている監視カメラシステムや入退室管理システム「eX-SG」と組み合わせて使用することで、社内で感染者が出た時に濃厚接触者を追跡することができる。(2020/12/17)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
「Akerun入退室管理システム」が会員管理システムと連携、予約などの事務手続きを自動化
フォトシンスはまちいろと共同で、「Akerun入退室管理システム」と月額制の会員管理システム「hacomono 予約システム」のAPI連携を開始した。両社は、今回の連携で、コロナ禍における予約と決済のオンライン化やキーレスによる無人店舗の運営を支援する。(2020/11/24)

人工知能ニュース:
顔認証入退管理を全国1万5000人規模で導入、パナソニックが自社実践
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は、顔認証による入退管理システム「KPAS」を導入したと発表した。同社の全国13拠点50箇所のオフィス、約1万5000人の社員が対象となっている。(2020/11/17)

非接触手のひら認証システム「Amazon One」、レジなしショップに設置 サードパーティへの販売も
Amazon.comが、非接触の手のひら認証システム「Amazon One」を発表した。まずはレジなしショップ「Amazon Go」に設置する。将来的にはスタジアムの入場券や企業の入退室などへの採用を見込む。(2020/9/30)

第15回 オフィスセキュリティEXPO:
構造計画研究所がオフィス向け入退室管理クラウドサービスを開発
構造計画研究所は、2017年にサービスの提供を開始した入退室管理システム「RemoteLOCK」をオフィス向けにリブランディングし、入退室管理クラウドサービス「RemoteLOCK OFFICE up」を開発した。(2020/9/24)

認証率99.9%:
マスクを外さず顔認証 コロナ禍で待望の新技術、NECが開発
マスクを外さず顔認証ができる技術を、NECが開発した。10月下旬以降、空港での手続き、オフィスの入退室などの用途向けに提供する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、顧客から要望が多かったという。(2020/9/24)

スマホと連携、手をかざして入退室できるデジタル社員証 NTTコムが提供
NTTコミュニケーションズが、スマホ向けデジタル社員証「Smart Me」を提供開始。専用リーダーの前に手をかざすとアプリをインストールしたスマホと通信し、手をかざすだけで入退室できるようになる。(2020/9/9)

社員証をスマホアプリに:
手をかざすだけで入退室、タッチレスなデジタル社員証 NTT Comが提供、コロナ対策・コスト削減の需要狙う
NTTコミュニケーションズが、手をかざすだけで入退室できるデジタル社員証「Smart Me」の提供を始めた。ICカードリーダーに触れることへの不安を払拭でき、社員証の発行・管理、廃止にかかるコストも削減できるという。(2020/9/9)

製造ITニュース:
工場や倉庫など、施設の漏水や入退室情報を管理するIoTシステム
センスウェイとconect.plusは、IoTシステムによる施設の漏水や入退室情報を管理するサービス「Facility Connect」の提供を開始する。(2020/8/19)

PR:分散型オフィスの課題を解決 テレワーク時代に適した入退室管理システムとは?
(2020/7/22)

人工知能ニュース:
顔認証による入退管理システムを自社に導入、約8000人が対象
パナソニックのコネクティッドソリューションズ(CNS)社は、東京本社に顔認証による入退管理システム「KPAS」を導入した。社員証の画像を活用し、顔認証と勤怠管理との連携も行える。(2020/3/31)

顔認証技術:
PR:「ハンズフリー」で出社できる最新工場、先進技術が現代の職人を育てる
スマートフォン向けマイクロコネクターのめっき加工で業界をリードする東新工業が、新設の松本工場の入退管理および勤怠管理システムとの連携にNECの顔認証システムを導入した。それもICカードを併用した部分的な導入ではなく、工場全体の入退を行うシステムとして採用したのだ。製造業が顔認証システムを採用する事例がまだ少ない中で、同社はなぜ導入に踏み切ったのだろうか。(2020/3/26)

学費無料のエンジニア学校「42 Tokyo」、約1カ月続く入試をスタート 海外支部では「とてもつらい」との声
学費無料のITエンジニア養成学校「42 Tokyo」が、約1カ月間続く入学試験をスタート。時間を問わず会場に入退室でき、他の受験者と共同で問題を解く形式。「とてもつらいので、諦める人が多い」という。(2020/1/6)

宿泊客の入退室、チェックアウトを顔認証で 道後温泉の老舗旅館が実験 明治元年創業
道後温泉で明治元年から営業している旅館「大和屋本店」が、顔認証を採り入れた接客の実証実験を始めた。宿泊客は、カメラに顔をかざすだけで部屋の施錠・開錠、チェックアウト、精算できる。鍵を持ち歩く必要もなくなる。(2019/12/6)

パナソニック、顔認証技術をクラウドサービス化 アプリやサイトに組み込み可能に 「マスクあり」でも見極め
パナソニックが、法人向けに顔認証技術のAPIを提供。スマートフォンアプリやWebサイト、入退管理システムなどに顔認証技術を組み込める。(2019/11/25)

顔認証でビルに“顔パス入館” 精度99%超 「SNOW」のSenseTimeが技術協力
ソフトバンク子会社が、顔認証技術を活用したオフィスビルの入退室システムをリリース。ICカードを使わず、セキュリティゲート上の端末に顔をかざすだけで入館できる。認証精度は99%以上という。自撮りアプリ「SNOW」の顔認識を手掛けた香港のAIベンチャー、SenseTime Groupの技術を利用した。(2019/11/22)

組み込み開発ニュース:
手かざし決済の未来が近づく、富士通が生体認証ソフトをバージョンアップ
富士通は2019年11月18日、手のひら静脈認証を中心に認証機能を提供するソフトウェア製品「FUJITSU Security Solution AuthConductor V2」を発売した。同システムは、PCログオンや入退室管理など企業内の認証を統合管理する他、一般利用者向け大規模サービスへの生体認証機能組み込みも対応する。(2019/11/19)

建設キャリアアップシステム:
現場で資材が購入できるDSに顔認証の入退管理を追加、全現場で導入
飛島建設は、現場で工具や資材を購入できるEC機能を有するデジタルサイネージシステム「e-Stand」に、建設キャリアップシステムに対応した顔認証で現場の入退管理を行う新システムを連携させた。(2019/10/29)

用途はセキュリティだけじゃない:
PR:令和は「顔認証」システムが大ブレイク!? NECが世界に誇るビジネスの全貌に迫る
「セキュリティ環境が必要な部屋の入退室」「イベントやコンサート会場での本人確認」「空港の出入国管理」――このようなイメージが強い「顔認証」システムだが、実は利用シーンが広がってきているという。主な用途や今後の顔認証システムの可能性について、NECの担当者にITmedia ビジネスオンラインの記者が話を聞いた。(2019/9/11)

ファシリティマネジメント フォーラム2019:
全ての鍵をクラウドへ、米・民泊最大手“Airbnb”で運用されているIoT入退室管理「RemoteLOCK」
構造計画研究所が国内で販売・サービスを手掛ける「RemoteLOCK(リモートロック)」。Wi-Fiを経由させ、ネットワーク上で鍵の開閉や入退室の管理ができるいわゆるスマートロックだ。最近では、戸建て住宅や賃貸マンションだけに限らず、宿泊施設や大学でも活用が広がっているという。(2019/5/13)

顔認証:
加齢に伴う変化やメガネ・マスクでも認証、人物相関の可視化もできるパナソニックの「オフィス入退セキュリティ&可視化システム」
パナソニックは、ディープラーニング技術を応用した顔認証技術「入退セキュリティ&オフィス可視化システム(KPAS:ケイパス)」の受注を2019年4月から開始する。KPASの顔認識では、10歳ほどの年齢を重ねた顔の変化やマスク、メガネの装着にも対応。入退室セキュリティの機能だけではなく、個人情報を保護して顔データと名刺データをひもづけることで、社内外の人脈相関図の見える化にも活用できる。(2019/2/25)

マイナンバーカードで本人確認、オフィスに入退室 NTT Comが導入へ
(2018/11/28)

小型軽量で非接触型の手のひら静脈認証入退室装置「PalmSecure AuthGate」 富士通から
富士通と富士通ネットワークソリューションズは、小型軽量で非接触型の手のひら静脈認証入退室装置「PalmSecure AuthGate」を発売。高防塵・防水性能で利用シーンが広く、セキュリティと利便性を兼ね備えた入退室環境を実現できる。(2018/11/9)

CEATECで“顔パス”入退 不正入場防止や利便性向上に――パナソニック、顔認証技術を活用した入退管理システムの実証実験
パナソニックは2018年10月16日〜19日に開催される「CEATEC JAPAN 2018」で、プレス来場者を対象に、顔認証技術を活用した入退管理システムの実証実験を行う。不正入場を防ぐなど、セキュリティ強化と利便性向上などの効果を検証する。(2018/10/15)

ゲート式駐車場も予約やキャッシュレスを可能に 駐車場シェアの「akippa」が新システム
駐車場シェアリングサービス「akippa」を運営するakippaが、出入管理や入退室管理のシステムを手掛けるアート(東京都品川区)と共同で「シェアゲート」を開発。入口で駐車券を取って出口で清算を行う「ゲート式駐車場」でもアプリによる予約とキャッシュレス決済が可能になる。(2018/5/9)

人工知能ニュース:
既存のシステムやゲートと連携し、顔認証による解錠ができる製品を発売
NECは、既存の入退場ゲートやドアに設置することで顔認証による解錠ができる「NeoFace Access Control」の販売を開始した。さまざまな入退管理システムやゲートと連携できるため、システムやゲートを置き換える必要がない。(2018/2/26)

立ち止まらず顔認証できる入退管理ソリューション NECが発売
NECが、顔認証AIエンジンを活用した「入退管理ソリューション」を発売。歩きながら顔認証ができ、スムーズな入退と高いセキュリティーを実現するという。(2017/11/6)

FM:
スマホからビルの異常をいつでも遠隔監視、月額2000円で始めるセキュリティ対策
三菱電機ビルテクノサービスは、中小規模ビル向けのセキュリティサービス「おてがるっく」の提供を2017年4月1日から開始した。監視カメラシステムと入退室管理システムを連携。これらの情報をクラウドにあげることで、スマートフォンやPCのWebブラウザから、いつでも監視カメラの映像や入退室情報を確認できるという。月額2000円(税別)から利用できるのが特長だ。(2017/5/25)

日立製作所/グループ3社:
監視カメラ映像やセンサー情報を一元的に見える化する統合基盤、ワンランク上のセキュリティ投資を可能に
日立製作所と同社グループ3社は、監視カメラ、入退室管理システムなどの各種フィジカルセキュリティシステムのデータや、IoT活用における各種センサーデータを一元的に収集、蓄積、分析するための統合プラットフォームを開発した。(2017/4/5)

製造ITニュース:
監視/入退室管理情報をIoTと統合できるプラットフォームを開発
日立製作所はグループ会社3社と共に、監視カメラ/入退室管理システムなどのデータやIoTにおけるセンサーデータなどを、一元的に収集/蓄積/分析することができる統合プラットフォームを開発した。(2017/4/3)

FM:
施設管理を変える「鍵のクラウド化」、Airbnb採用のスマートロックが日本上陸
構造計画研究所は2017年1月から米LockStateのスマートロックシステムを日本国内で展開する。物理的なカギを使うこと無く、遠隔地から施設や特定エリアの入退室管理や制限が行えるクラウドサービスで、施設管理の効率化に役立つ。米国では民泊サービスの米Airbnbも採用しているという。(2016/12/15)

創造意欲を損ねない入退管理システム、「DMM.make AKIBA」へ導入
「DMM.make AKIBA」へ、“利用者の感性を損ねない”を意識した入退管理システムが導入された。SecureFrontia Xをベースにカスタマイズし、利用者が館内をあたかも自社内のように身軽に動ける利便性を目指した。(2015/6/5)

法令も絡む、データセンターの最新事情
“冷却”だけじゃない 最新データセンター設備を取り巻く5つの論争
データセンターの入退室をカードキーで監視している企業はどのくらいあるのか。また、改造計画に「エコノマイザー」は含まれているのか。多くのデータセンター設備に見られる傾向と法令がもたらす懸念を解明する。(2014/8/26)

理研、小保方氏の実験室の写真公開 カードで入退室管理、監視カメラも
理化学研究所は、小保方氏が「STAP細胞」の検証実験を行う実験室の写真と見取り図を公開。入退室はIDカードで管理され、天井に監視カメラが2台設置されている。(2014/7/15)

山浦恒央の“くみこみ”な話(64):
クイズ!! バグはどこだ? 〜ちょっと休憩して、バグ探しに挑戦〜
あれは米国ボストンに駐在していたときのこと――。ある日、私が管理していたオフィスの入退室セキュリティシステムが動作しなくなった。その当時、大流行がウワサされていたあるウイルスの存在のせいなのか、あるいは……。(2014/6/13)

エネルギー管理/BEMS事例集(2):
全国45か所のトランクルーム専用ビルに導入、電力使用量を30%削減
1棟のビル全体をトランクルーム専用にして事業を展開するキュラーズは、運営するビルすべてにBEMS(ビル向けエネルギー管理システム)を導入している。ビルの入退室管理と連動させて照明やエレベータを制御することができるようになり、電力使用量を平均30%も削減した。(2013/1/30)

顔で認証、iPhone/iPadで――エー・シー・エス、顔認証エンジンとアプリ開発ツールを提供
PCログインや入退室管理などに使われている高速顔認証エンジン「FaceViTAL」に、iPhone/iPad向け顔認証エンジンを追加した。(2013/1/25)

PR:“全部入り”で店舗が変わる、業務が回る――クラウド時代の業務用PDA「Pit」
検品、棚卸し、入退室管理、デジタルサイネージ、商品カタログ、クーポン配信、基幹システムへのアクセス、在庫照会、営業日報作成――。1台に、業務に必要な機能を凝縮した、クラウド時代のPDA「Pit」の実力を見ていこう。(2010/7/13)

静岡大学、情報システムへのログインや入退室の認証基盤を統合
静岡大学は、バラバラだった認証手段を指静脈とICカードで認証する方式に統合した。(2010/4/15)

NEWS
CSKシステムズ、Wi-Fiを用いた製造現場の安全管理システム
CSKシステムズ中部は、製造実行支援シリーズの新ラインアップとして、危険区域への入退管理を支援するシステム「WiFi安全記録管理」を発表した。(2010/1/21)

SMBのためのSaaS利用術【最終回】
モバイルやICカードも活用――ここまで来たSaaSの適用範囲
SaaS活用の範囲は業務システムだけとは限らない。モバイル環境や既存資産を生かせば訪問介護、入退室管理といった「社外活用」への道もおのずと開けてくるだろう。(2009/12/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。