ニュース
» 2015年03月30日 14時57分 UPDATE

「NAVITIME」アプリがApple Watchに対応――時刻表の表示や乗降アラームなど

ナビゲーションアプリ「NAVITIME」を、Apple Watchで利用するためのアップデートが提供されている。

[田中聡,ITmedia]

 ナビタイムジャパンが、ナビゲーションアプリ「NAVITIME」を、4月24日に発売される「Apple Watch」に対応させた。3月27日からアップデートを提供している。

 アップデートにより、iPhoneで登録した路線の時刻表(最大6路線)や、ルート上に遅延が発生した際の鉄道運行情報などが、Apple Watchに表示されるようになる。

 乗降アラームにも対応する。ルート検索結果内に表示された乗換駅や降車駅の到着時刻に近づくと、Apple Watchのバイブレーションで通知してくれるほか、乗車降車駅の情報とその先のルート情報も確認できる。

 また、設定したルートの出発時や乗り換えのタイミングで、Apple Watchにアラーム通知をしてくれる。スマートフォンを見ることなく、次にどこへ行けばいいのかがApple Watch上で分かる。

photo Apple Watchで利用できる機能

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.