ニュース
» 2015年04月15日 11時39分 UPDATE

Android版「Opera Mini」が大幅アップデート マテリアルデザイン採用や片手向きレイアウト

Android版「Opera Mini」がバージョン8になり、マテリアルデザインを採用した他、プライベートブラウジングモードの追加やスピードダイヤルの改善など多数の変更が加えられた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ノルウェーOpera Softwareは4月14日(現地時間)、Android向けのWebブラウザアプリ「Opera Mini 8」をGoogle Playでリリースした。大幅なアップデートのため、Google Playのロゴには「New」が付いている。

 mini 1

 ユーザーインタフェースとデザインが、GoogleがAndroid 5.0から採用している「マテリアルデザイン」に準じて刷新された他、以下のような新機能が追加された。

 opera 2 マテリアルデザイン採用の画面
  • メニューの簡易化
  • スピードダイヤルとディスカバーの改善
  • プライベートブラウジングモードの追加
  • 片手での操作に適したレイアウトオプション
  • タブレットや大画面スマートフォン向けの高解像度に対応したUI
  • データ圧縮量の1日毎の表示(データ使用量を把握しやすくするため)
  • 上へのスワイプまたは長押しでの検索起動

 ラース・ボイルセンCEOはOpera Mini 8のリリースに合わせ、Android版Operaシリーズのユーザー数を現在の1億3000万人から2017年には2億7500万人に倍増させるという目標を発表した。これにより、新興国市場における主要ブラウザーとしてのOperaの地位をより一層確固たるものとしたいという。

 Operaは今年で創業10年。今後も端末の種類にかかわりなく、すべての人に快適なWebブラウジングを提供していくことを目指すとしている。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.