ニュース
» 2015年08月14日 19時00分 UPDATE

格安SIM Q&A:ドコモスマホ+格安SIMでもOSバージョンアップはできますか?

ドコモとIIJの広報部に確認してみました。

[田中聡,ITmedia]

質問

  • SIMロック解除した端末にファームウェアアップデートが出た場合、MVNOの通信網でファームウェアアップデートは可能なのでしょうか?
  • ドコモの中古スマホ(Xperia Z3)で格安SIMを使った場合でも、Androidのバージョンアップは可能ですか?
photo 格安SIMでもソフトウェア更新やOSバージョンアップはできる?

回答

photo

できる場合と、できない場合があります
(ITmedia Mobile編集部 田中)


 今回はドコモのAndroidスマートフォンの場合をご説明します。ドコモのスマートフォンに格安SIMを入れて使っている場合、ソフトウェア更新やOSバージョンアップはできるのでしょうか。ドコモ広報部に確認しました。

 できるかどうかは、不具合を修正する「ソフトウェア更新(FOTA)」と、OSのバージョンを上げる「OSバージョンアップ」で変わってきます。

ソフトウェア更新:15年夏モデル以降ならSIMなしでもOK

 まずはソフトウェア更新について。SIMカードが入っていない状態でも、2015年夏モデル以降のドコモスマートフォン(Galaxyシリーズは2013年冬以降のモデル)なら、Wi-Fi経由でソフトウェア更新が可能とのことです。これはドコモを解約した場合でも同様で、もちろんSIMロックをした状態でもできます。

 逆に、「Xperia Z3 SO-01G」など2015年夏モデル以前の機種(Galaxyシリーズを除く)だと、SIMなしでは端末からソフトウェア更新はできません。

OSバージョンアップ:LTE/3G回線では「spモード」契約が必須

 OSバージョンアップの条件はソフトウェア更新と異なります。ドコモのLTEや3Gネットワークを使ってOSバージョンアップを行う場合、spモード契約をしたドコモSIMが必要になります。

※初出時に「Galaxyシリーズは、LTE/3G回線によるOSバージョンアップ時でもspモード契約は不要」との記述がありましたが、誤りでした。おわびして訂正いたします(8/17 12:07)。

格安SIMを使っている場合は?

 では、ドコモ系MVNOのSIMカードが入っている状態で、ソフトウェア更新やOSバージョンアップはできるのでしょうか。IIJ(インターネットイニシアティブ)広報部に確認したところ、「端末によって異なる。Wi-Fi経由ならできる場合もあり、spモード契約がないとできないこともある」とのことです。端末ごとの挙動リストのようなものは、持ち合わせていないようです。

 ただ、ドコモによると、機種によってはLTE/3G回線でソフトウェア更新をする際はspモードの契約は不要(ISPによる縛りがない)で、その場合、ドコモのもう1つのモバイル向けISP「mopera U」契約でも更新可能だそうです。ということは、ドコモ回線を使ったMVNOのSIMでも、LTE/3G回線からソフトウェア更新はできるはず。またOSバージョンアップも、Wi-Fi経由なら端末からできるはずです。

 なお、ドコモのGalaxyをLTE/3G回線でアップデートする場合、ソフトウェア更新とOSバージョンアップともに、spモードの契約が必要になります。

 Xperiaでは「PC Companion」というPCソフトからもソフトウェア更新やOSバージョンアップができますので、PCを使うのが一番安心といえそうです。

※初出時に「LTE/3G回線でソフトウェア更新をする際はspモードの契約は不要」と記述していましたが、すべての端末に当てはまるものではありませんので、訂正いたしました(8/17 12:18)。

このコーナーについて

「格安SIM Q&A」では、読者の皆様から格安SIMにまつわる質問を受け付けています。「そもそも格安SIMとは?」という初歩的な質問から、「あのサービスの使い勝手はどうなのか」という突っ込んだ質問まで、何でもOKです。編集部で可能な限りお答えします。皆さんのご質問をお待ちしています!


基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.