ニュース
» 2015年08月21日 13時32分 UPDATE

Android Wear、Google翻訳と対話型ウォッチフェイス追加

GoogleのウェアラブルOS「Android Wear」のバージョン1.3へのアップデートで、音声入力で使えるGoogle翻訳機能と対話型ウオッチフェイスが利用できるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月20日(現地時間)、ウェアラブルOS「Android Wear」のアップデートで、Google翻訳機能やインタラクティブな(対話型)ウォッチフェイス機能を追加したと発表した。

 OSのアップデート(バージョン1.3)は通常通りOTAで、数週間かけて段階的に実施する。

 翻訳機能は、Google翻訳をインストールしてあるスマートフォンと連係させなくてもWi-Fiに接続していれば利用できる。

 アプリを起動して音声で翻訳したい文章を入力して手首をひねると、設定してある言語に変換してくれる。その翻訳結果を対話相手に見せてから画面のマイクアイコンをタップして相手に答えを入力してもらえば、今度はそれが自分の言語に翻訳されて表示される。

 インタラクティブな文字盤は、サードパーティーから既に約20種類がリリースされている。

 watch 1 対話型ウォッチフェイス

 例えばustwoの「Bits Watch Face」は、文字盤に時計、カレンダー、気象情報、万歩計、未読メール数、バッテリー持続時間、着信履歴、株価情報、タイムゾーンを表示でき(表示するアイテムは自分で選べる)、それぞれの表示をタップすると詳報を表示できる。

 watch 2 Bits Watch Face

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.