ニュース
» 2015年10月08日 16時40分 UPDATE

下り最大261Mbpsで“容量制限なし” 新「SoftBank Air」が12月スタート

工事不要。専用ターミナルを置くだけで使える、AXGPを使った屋内向けブロードバンドサービス。

[平賀洋一,ITmedia]

 ソフトバンクは10月8日、AXGPによる下り最大261Mbpsの高速通信が可能な新しい「SoftBank Air」を発表した。データ容量に制限を設けない定額制サービスとして、12月以降に提供する。

photo 下り最大261Mbpsに対応した「SoftBank Air」の新しいターミナル

 SoftBank Airは、回線工事不要で使い始められる、屋内向けの無線ブロードバンドサービス。専用機器の「Air ターミナル 2」(Huawei製)を設置するだけで、固定ブロードバンドのような高速かつ大容量のネット接続が可能になる。

 2014年12月に開始した現行サービスは下り最大110MbpsのAXGP通信を利用したものだが、新しいSoftBank AirではAXGPのキャリアアグリゲーション(CA)とMIMO技術を組み合わせることで、下り最大261Mbpsという高速化が可能になったという。上りについては最大10Mbpsで変更はない。

photophoto スマホやPCにはWi-Fiを介してネット環境を提供。イーサネットポートもあり、デスクトップPCやネット対応家電とも接続できる

 月額料金や対応エリアについては詳細が決まり次第発表するという。なお、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンとセットで契約すると、月額利用料から一定の金額を割り引くおトクなサービス「スマート値引き」が利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.