ニュース
» 2016年01月26日 17時57分 UPDATE

リクルート、カギ不要で物件を内覧できるアプリを提供

利用対象を不動産管理者へ絞り込み、物件内覧時にスマートフォンへインストールした専用アプリを使った玄関ドアの解錠/施錠を可能としている。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートテクノロジーズは、1月26日に不動産管理専用のキーレスエントリーシステム提供について発表した。

Photo オートメーションキーのイメージ

 従来のキーレスエントリーサービスでは、通信手法の仕様により鍵を7個しか作れないという制約があった。そのため内覧時に仲介業者や担当者で鍵を使いまわしていたほか、限られた形状のサムターンにしか使えず、設置時には工事やオプションパーツが必要となっていた。

 本システムでは利用対象を不動産管理者へ絞り込み、担当者数や管理物件数の制限なくスマートフォンアプリさえあればドアを開閉できる仕組みを実現。独自構造で既存システムでは対応できなかったサムターン形状にも対応し、工事やオプションパーツなしで設置・取り外しも行える。さらにいつ・誰が・どの鍵を解錠/施錠したかも管理できるため、セキュリティ面の強化にもつながっている。

 同社では大東建託の協力のもと、大東建託グループが管理する集合住宅1棟の空室玄関ドアへ独自開発した「リクルートテクノロジーズ製 オートメーションキー」を設置。1月12日からスマートキーを活用した不動産内覧の試用を開始している。

Photo スペック/アプリ操作画面イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.