レビュー
» 2016年06月07日 16時14分 UPDATE

Apple Pencil紛失防止に便利――タブレット用ペンケース「PurePocket」を試す

Apple Pencilにはクリップする部分がなく、紛失や置き忘れの可能性があります。そこでおすすめしたいのが、KODAWARIの「Pure Pocket」。Apple Pencilなどのスタイラスペンを、タブレットと一緒に持ち運べます。

[らいら,ITmedia]

 Apple Pencilは本物のペンのような書き心地が評判を呼び、ビジネスマンやクリエーターを中心にユーザーが増えています。12.9型のiPad Proに続き、3月末には持ち運びやすい9.7型が登場し、ますます外出先でApple Pencilが活躍する機会が増えてきました。

 しかしApple Pencilにはクリップする部分がなく、iPad Proと別々に持ち運ぶか、別途ペンクリップなどを購入しなければいけません。そのため紛失や置き忘れの可能性があり、管理が大変だという声もあります。Apple Pencilは1本1万1800円(税別)と高価なので、予備用に何本も買い足すわけにもいきません。

 そこでおすすめしたいのが、KODAWARIが販売しているApple Pencil収納ケース「Pure Pocket」(PATCHWORKS製)です。価格は1900円(税別)。本製品は、そんなApple Pencilなどのスタイラスペンを、タブレットと一緒に、安全に持ち運ぶことのできるペンケースです。本体はバンド状になっており、タブレットにぐるっと装着して使います。早速iPad Pro 9.7型で試してみました。

PurePocket 「PurePocket」とiPad Pro 9.7型ローズゴールド。PurePocketをiPad Pro本体に取り付けることもできます
PurePocket カラーはブラックとグレーの2色
PurePocket ゴムバンドはほどよい伸縮性があり、iPadをしっかりホールドできる

 バンド部分を取り付けようとすると、最初はゴムがきつくて着けづらく感じました。よく見るとバンドの長さは調節できるようになっており、7.9型のiPad miniから12.9型のiPad Proまで対応する長さです。もちろんiPadだけでなく、縦21センチから31センチまでの他社製品のタブレットでも使用可能。再度長さを変えてはめてみると、着脱しやすくも簡単には外れないしっくりくる長さに調整できました。

PurePocket バンドは長さを調節可能

 次にApple Pencilをケースに差し込んでみます。ケース部分は柔らかなキュイール革でできており、ぴったりとApple Pencilを包み込みます。かなりサイズ感がきつく設計されているので、最初は出し入れに慣れないかもしれません。そのぶん逆さにしても落下の心配はなく、バッグにiPadごと投げ入れても、傷つけずにしっかりとApple Pencilを持ち運ぶことができます。

PurePocket もし購入直後で革が伸びずに出し入れがキツい場合は、先にタブレットからバンドを外してペン先を押し出すとスッと取り出せる

 カラーはブラックとグレーの2色展開で、どちらもどんなSmart Coverの色にも合うシックな仕上げ。iPadの背面にケースを持ってくるなら、本体カラーとコーディネートする楽しみもあります。例えばローズゴールドの甘さをキリッと締めたいならブラック、柔らかく落ち着いた雰囲気が好きならグレーがおすすめです。

PurePocket “Appleロゴを上にして置く”派なら背面にケースを持ってくるとよい

 「PurePocket」はオンラインでの販売開始から1カ月で約400本を販売し、累計では既に500本を超える人気なのだそう。Apple Pencilの収納に悩んでいるユーザーは試してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

Apple | iPad | タッチペン | iPad mini | SHOWCASE


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう