連載
» 2016年08月13日 06時00分 公開

小型のオススメSIMフリースマホまとめ

[ITmedia]

 現在は、SIMロックフリースマホの多くが5.5型のディスプレイを採用しています。大きすぎず、小さすぎない標準的な大きさが、このサイズといえるでしょう。しかし、手が小さかったり、そもそも大画面をさほど必要としていないのであれば、やや大きすぎると感じる人もいるでしょう。今回は、4.0〜5.0型のディスプレイを搭載する小型モデルを紹介します。

Huawei「HUAWEI Y6」画面サイズ:5.0型HD(1280×720ピクセル)

 5.0型のディスプレイを搭載するファーウェイの小型モデル。実売価格が1万3800円(税別)と割安なので、上位モデルと比較すると、ややディスプレイのスペックは低めになっている。スマホの利用はメールのチェックや通勤・通学時にニュースサイトやSNSをチェックする程度、というライトユーザーに適しています。

ZTE「BLADE V7 Lite」画面サイズ:5.0型HD(1280×720ピクセル)

 ZTE製のコスパ重視モデルは、5.0型のHDディスプレイを搭載。実売価格は2万1800円(税別)と割安ですが、洗練されたデザインのボディーや指紋認証センサーを搭載するなど、この価格帯のモデルのなかでは、ハイレベルな仕様になっています。端末代をできるだけ抑えながらもある程度は機能性にこだわりたい人に最適なモデルです。

シャープ「AQUOS mini SH-M03」画面サイズ:4.7型フルHD(1920×1080ピクセル)

 防水・防塵(ぼうじん)やおサイフケータイといった機能に対応する“日本仕様”の小型モデルを求める人には、この機種が最適。4.7型のフルHDディスプレイには、シャープ独自の「ハイスピードIGZO」を採用し、残像が少ない滑らかな表示が可能です。使用するアプリによって最適な画質に切り替えるモードを備えているのも同社の製品ならではといえるでしょう。

Apple「iPhone SE」画面サイズ:4.0型(1136×640ピクセル)

 SIMロックフリースマホのなかでも最小クラスのディスプレイを備えるのが、iPhoneシリーズの小型モデル「iPhone SE」です。片手にすっぽり収まるサイズの4.0型ディスプレイを搭載します。実売価格は、16GBモデルで4万7800円、64GBモデルで5万9800円とやや割高ですが、対応する周波数帯が広く、片手での操作性に優れたモデルを選びたいのであれば、最有力候補といえるでしょう。

格安SIM なんでもQ&A

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう