トップ10
» 2016年08月15日 16時00分 公開

Mobile Weekly Top10:ついにトップ10を独占した「LINE」 家族のやりとりに興味あり?

ついに、ランキングのトップ10をLINE関連の記事が独占しました。中でも、家族とのトークのやりとりに関するものが人気でした。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、8月8日から8月14日までのアクセスランキングを集計しました。今回のランキングでは、ついに「LINE」関連の記事が1位から10位までを独占しました。しかも、全て連載「ここがヘンだよ!親LINE」からのランクインです。

 ランキングには掲載されていませんが、「トップ15」まで範囲を広げても、14位に入った「「想像を絶する1年」だったけど「生きています(笑)」――UPQ中澤氏が振り返る1年」以外の記事は全てLINEネタでした。皆さん、他の家庭でのLINEのやりとりに興味があるのでしょうか。

笑うな 予測変換で出てくる候補を真っ先に選んでそのまま送信、ってよくありませんか……?

 今回のランキング1位の「お姉ちゃんもう少し頑張って! 「笑」の変換すら面倒がる姉のLINE」は、予測変換の最初に出てくる候補を選んでしまった結果、おもしろいトークのやりとりになってしまった事例です。ランキング4位の「慌てすぎだろ! LINEで豪快に書き間違える母」は、慌てたと思われる母親が「ちょっと待ってて!」と打とうとしたところ「ちょっとまつまてて!」となってしまったという事例です。

 どちらの事例も「あ、心当たりがある!」という人が少なくないでしょう。かくいう筆者も心当たりがたくさんあります。トークを送る前に、少し落ち着いて内容の確認をすることも大切ですね。

筆者のポケモンずかん(8月15日現在) 筆者のポケモンずかん(8月15日現在)。相変わらずピカチュウ(25番)がいません……

 一方、先週までと打って変わり「ポケモンGO(Pokemon GO)関連の記事はトップ10には入りませんでしたが、多くのアクセスを集めていることには変わりないようです。その中では、先週6位にランクインした「『ジムで勝てない』『トレードしたい』 ポケモンGOで改善してほしいこと」は同じことを考えている人がいるせいか、よく読まれました。

 筆者のポケモンGOはどうかというと、休日などをうまく活用した結果、ポケモンずかん(Pokedex)はだいぶ充実してきました。しかし、肝心要のピカチュウはまだいません。ポケモンのたまごも1週間で18個ぐらいふ化させたはずなのですが、ピカチュウはやはり出てきません。最近はビードルがよくふ化します……。筆者のもとにピカチュウがやってくるのはいつなのでしょうか?

関連キーワード

Mobile Weekly Top10 | トップ10 | ポケモンGO | 家族 | LINE


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう