ニュース
» 2016年11月29日 12時45分 UPDATE

ソフトバンクの「スマ放題ライト」が3Gケータイでも契約可能に 「データ定額S」は加入対象を拡大

1回5分以内の国内通話が定額となるソフトバンクの「スマ放題ライト」が、3Gケータイでも契約可能となる。合わせて、従来はMNP契約時のみ契約可能だった「データ定額S」が、新規契約、機種変更やプラン変更時にも申し込めるようになる。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは11月29日、5分以内の国内通話が定額となるフィーチャーフォン(ケータイ)向けの「スマ放題ライト」と、専用の2段階データ定額サービス「データ定額S」の契約・申込対象を12月21日から拡大することを発表した。

(記事中の料金は全て税別)

ケータイ向け「スマ放題ライト」

 ソフトバンクでは、4Gケータイ(「AQUOS ケータイ」を含む)用のスマ放題ライトとして、「通話定額ライト基本料(ケータイ)」を月額2700円(2年契約時は1200円)で提供している。

 12月21日からは、3Gケータイでも通話定額ライト基本料(ケータイ)を契約できるようになる。また、同日から4Gケータイを含めて機種購入を伴わないプラン変更も受け付ける。

データ定額S

 ソフトバンクでは、ケータイ用2段階データ定額サービスとして、4Gケータイには「データ定額S(4Gケータイ)」を月額0〜4200円で、3Gケータイには「データ定額S(3Gケータイ)」を月額372〜4200円で提供している。

 従来のデータ定額Sは、機種購入を伴う契約時(3Gケータイ用は「ガラケーのりかえ割」適用のMNP契約時のみ)契約できたが、12月21日からは機種購入を伴わないプラン変更にも(3Gケータイでは新規契約・機種変更時も)申し込めるようになる。

 ただし、データ定額Sを申し込む場合は、基本料金プランがケータイ用の「スマ放題」またはスマ放題ライトである必要がある。

 なお、データ定額Sの申込対象拡大に伴い、12月20日をもって3Gケータイ向けのガラケーのりかえ割の新規受付は終了となる。

12月21日以降の3Gケータイ用料金プラン

関連キーワード

スマ放題 | ソフトバンク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう