連載
» 2016年11月30日 06時00分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:Xperia XZ カメラの「良いところ」と「残念なところ」 (1/2)

前回は「Xperia XZ」のカメラで「iPhone 7 Plus」と撮り比べをしてきた。今回は、そんなXperia XZのカメラについて、良いところと残念なところをざっくりとまとめたい。

[荻窪圭,ITmedia]

 前回は「Xperia XZ」のカメラで「iPhone 7 Plus」と撮り比べをしてきた。今回は、そんなXperia XZのカメラについて、良いところと残念なところをざっくりとまとめたい。

良いところ

シャッターボタンですぐ起動

 側面にシャッターボタンが用意されており、ロック画面時やスリープ時でも、これを押せばすぐにカメラが起動するし、撮影時も半押し機能が使える。

Xperia XZ

 特に素早くカメラを起動したいときに一番便利だった。

画質はさすがの安定度

 けっこう難しいシーンでもきれいに撮ってくれる。これはよい。木陰に隠れて昼寝してる猫も、明暗のバランスや緑がすごくきれいに出ていてすばらしい写り。

Xperia XZ

 きれいに撮るのが難しい紅葉も、良い出来だ。

Xperia XZ
Xperia XZ

プレミアムおまかせオートが賢い

 ほとんどの人はプレミアムおまかせオートで撮ると思う。プレミアムおまかせオート時はカメラがブレているか、被写体が動いているか、被写体との距離、などさまざまな要素を分析して最適な設定をしてくれる。手持ちでカメラがちゃんと固定されていなかったり、被写体が動いていたりしたら、シャッタースピードを速めにしてくれるのはよい。

 料理も認識してくれる。

Xperia XZ
Xperia XZ

 このパエリアなんか実においしそう。

Xperia XZ

画素数が多くて広角である

 広角だと広い範囲が撮れる。広角過ぎると思ったら(実際、24mm相当ってかなりの広角だ)、デジタルズームでちょっと拡大すればいい。画素数が多い分、多少デジタルズームをかけても画質的には問題ない。

 2.5倍ズームで撮影したうちの猫。

Xperia XZ

AFが速くて賢い

 タッチAFを使うと、自動的に被写体を判断し、それが動くと追いかけてくれる。動く被写体も追従するので、一度タップして被写体を指定してやれば、あとはタイミングを見計らって撮影すればOKだ。

 タッチすると被写体に枠が付き、カメラを動かしたり被写体が動いてくれたりしても、追いかけてくれる。一度捕まえれば、構図を変えてもフォーカスを合わせ続けてくれるのだ。

Xperia XZXperia XZ

インカメラがきれい

 インカメラの画素数は他社のメインカメラに匹敵する1300万と高画素だ。自撮りする人には大事。

Xperia XZ

アプリを使えば面白い写真をたくさん撮れる

 ARエフェクトやタイムシフトビデオなど、おなじみの多くの機能が別アプリで用意されている。1つ1つの機能も何げなく強化されていて楽しい。

Xperia XZ

 背景ぼかしもあるが、フォーカスが合っている写真と背景に合わせた写真の2枚を撮影して合成するタイプ。デュアルカメラによる背景ぼかし(HUAWEI P9のワイドアパーチャやiPhone 7 Plusの被写界深度エフェクト)に比べるとエッジがちょっと不自然。

Xperia XZ

動画の手ブレ補正が効く

 フルHD時の動画はよい。5軸手ブレ補正は優秀なので歩きながら撮ってもあまりブレないし、被写体を追いかけてAFし続けてくれるのもいい。

4K動画が撮れる

 4K動画も撮れる。ただし、動画モードではなく、別途4K動画アプリを使うので注意。

関連キーワード

Xperia XZ | 連写 | 手ブレ補正 | iPhone 7 Plus | | 美肌 | Huawei P9


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう