ニュース
» 2017年02月16日 14時00分 UPDATE

ケイ・オプティコム、新MVNOサービス「+SIM」を開始 コンテンツとデータ通信を一体化して提供

「mineo」を手がけるケイ・オプティコムが、新たなMVNOサービスを開始する。コンテンツサービスがセットとなっていることが大きな特徴で、第1弾として「日経電子版」とのセットを3月1日から提供する。

[井上翔,ITmedia]

 ケイ・オプティコムは2月16日、新しいMVNOサービス「+SIM(プラスシム)」を開始することを発表した。+SIMの第1弾「日経電子版+SIM」は、3月1日から同社のWebサイトで販売を開始する。

(記事中の価格は全て税別)

+SIMのサービスロゴを持つケイ・オプティコムの上田晃穂氏 +SIMのサービスロゴを手に概要を説明するケイ・オプティコムの上田晃穂氏

「+SIM」の概要

 +SIMはコンテンツサービスとモバイル通信サービスを1つのパッケージにして提供することが大きな特徴。「携帯電話事業を手がけてみたいという意向はあるものの、通信事業に踏みこんで設備を持ち、顧客基盤を整備するところにまでは手が回らない」(ケイ・オプティコム モバイル事業戦略グループの上田晃穂グループマネージャー)という企業を想定したB2B2Cサービスだ。サービスの提供・販売主体はケイ・オプティコムとなるが、場合によってはパートナー企業経由での販売も行う。

+SIMのビジネスイメージ 「+SIM」は、MVNOとして携帯電話事業に参入する(この写真で「B2C」「B2B」となっている部分)ことにまでは踏み込めない企業向けの「B2B2C」サービスという位置付けで、ケイ・オプティコムがサービスの提供・販売を行う

 ブランドロゴのカラーには「いろいろなブランド(のカラー)と競合せず、特別な存在感」(上田氏)を演出できる黒色を採用している。SIMカードのパッケージデザインも、基本的にはこのブランドロゴをもとにしたものになるという。

+SIMのブランドロゴ +SIMのブランドロゴ。ブランドステートメントでは、価格だけではない付加価値の訴求することにも触れている

第1弾は「日経電子版+SIM」

 +SIMの第1弾となる日経電子版+SIMは、日本経済新聞社が提供する「日経電子版」のの有料会員サービス(月額3889円)と月間5GBまたは10GBの高速モバイルデータ通信容量をセットにしたもの。ケイ・オプティコムのWebサイトで契約を受け付ける。SIMカード単品で提供し、端末セットは用意しない。

 通信はNTTドコモのXi(LTE)/FOMA(W-CDMA)ネットワークに対応する。データ通信専用の「シングルタイプ」と音声通話とSMS(ショートメッセージ)に対応する「デュアルタイプ」を用意し、月額料金は以下の通りとなる。なお、シングルタイプでも有料オプション(月額120円)を契約すればSMSを利用できる。

  • シングルタイプ5GB:月額4946(ヨクヨム)円
  • シングルタイプ10GB:月額5946円
  • デュアルタイプ5GB:月額5646円
  • デュアルタイプ10GB:月額6646円

※ケイ・オプティコムからの訂正連絡を受けて、シングルタイプにおけるSMSオプションについて記述を変更しました(16時25分)

 加入時の事務手数料は3000円だが、4月27日までに申し込むと「日経電子版+SIMスタートキャンペーン」が適用され、無料となる。シングル・デュアル両タイプともに最低利用期間は設けず、解約金はかからない。ただし、デュアルタイプでMNP転出する場合は利用期間に応じた転出手数料がかかる。

日経電子版+SIMの概要 日経電子版+SIMのサービス概要。シングルタイプは月額4946(ヨクヨム)円から利用でき、プラス1000円でデータ容量を5GB増量、プラス700円でデュアルタイプに変更できるという組み立てとなっている

 料金面では、大手キャリアの5GBデータプランと同等の金額で日経電子版の有料会員サービスまで使える、という計算となる。また、mineoの同等プランと日経電子版を同時に契約した場合と比較しても523円(5GBプラン)または463円(10GBプラン)安価だ。ただし、mineoとはあくまで別のMVNOサービスとなるため、「フリータンク」や「パケットギフト」などmineo独自のサービスは利用できない。

大手キャリアの5GBデータ料金で日経電子版の有料会員サービスまで受けられる シングルタイプ5GBでは、大手キャリアの5GBプランと同等料金で日経電子版の有料会員サービスまで受けられるという組み立て

 このプランにおける日経電子版は、日本経済新聞社がケイ・オプティコムに販売委託する形で提供される。無料会員として日経電子版を利用している場合、そのIDを日経電子版+SIMとひも付けることで有料会員に移行できる。また、すでに有料会員の人もIDをそのままに有料会員としての資格を日経電子版+SIMのものに変更することも可能だ。

 ただし、「日経Wプラン」(新聞の宅配と電子版のセット割引プラン)で有料会員サービスを利用しているIDは会員資格の移行には対応できない。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう