ニュース
» 2017年03月29日 19時30分 UPDATE

ドコモ、「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSバージョンアップを再開 バージョンアップ済み端末用ソフト更新も

一時中断していた「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSバージョンアップが、原因となっていた不具合対策が完了したことから再開した。同時に、OSバージョンアップ済みの端末に対するソフトウェア更新の配布も始まった。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは3月29日13時、一時中断していた「Galaxy S7 edge SC-02H」のOSバージョンアップサービスを再開した。

バージョンアップ済みのSC-02H Android 7.0にOSバージョンアップした「Galaxy S7 edge SC-02H」

 SC-02Hは、3月16日からAndroid 7.0へのバージョンアップサービスを開始したが、3月24日に「確認事項が発生した」としてサービスを一時中断していた。

 今回、一時中断の原因となった「省電力モードか緊急時長持ちモードを有効にすると、端末が正常に動作しないことがある不具合」が解消できたため、OSバージョンアップの再開に至った。OSバージョンアップの所要時間は端末単体で行う場合は約38分、PCと接続して行う場合は約54分と、一時中断前と変わらない。

 なお、既にOSバージョンアップ済みのSC-02Hについても、同日同時刻から当該の不具合を解消するためのソフトウェア更新を開始している。更新後のビルド番号は「NRD90M.SC02HOMU1BQC5」で、所要時間は端末単体で行う場合は約6分、PCと接続して行う場合は約54分となる。

不具合修正後のビルド番号 不具合修正後のビルド番号は「NRD90M.SC02HOMU1BQC5」となる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう