連載
» 2017年04月14日 06時00分 UPDATE

iPhone Tips:履歴を残さずにSafariで秘密のサイトを見る方法

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「Safariでプライベートな情報を残さずに見る方法」です。

 友達や家族からiPhoneをちょっと拝借して使わせてもらうときがありませんか? または会社で共有のiPhoneを使っている人なら、検索履歴や自動入力フォームには少し気を遣いますよね。特定のWebサイトにログインするための個人用のアカウントなどが残っているとなかなか厄介なもの。消すのを忘れてしまうと、後々面倒なことが起こりかねません。

 また、子どもや恋人にiPhoneをよく渡すことが多い人なら、トラブルを未然に防ぐためにも自分の履歴や入力フォームは伏せておきたい場合があるでしょう。

 そこで活躍するのがSafariの「プライベートモード」。閲覧履歴はもちろん、ログイン情報などの自動入力情報が保存されない仕様になっています。

使い方

 Safariを開いて画面右下に表示されている、四角が重なったアイコンをタップ。すると画面左下に「プライベート」と書かれている箇所があるので、そこをタップするだけでOKです。プライベートモードでSafariを閲覧すると、ページ周辺の余白がグレーで表示されます。

 通常モードに戻したいときは、再度「プライベート」と書かれた箇所をタップすれば解除できます。ですが1点、気を付けなければいけないのは、履歴などは残らないものの、自動的にタブが閉じられないところです。タブを閉じ忘れてしまうと、プライベートモードで閲覧していても前に閲覧していたページを見ることができるので、使い終わったら必ずタブは消しておきましょう。

 ちなみに複数のタブを一度に消すには、画面右下のアイコンを長押しすると一括で削除できます。

 Safariは自分しか使わない! という人も緊急事態などで人からiPhoneを借りたときに、履歴などを残さずスマートに検索できるため少し知っておくと便利な小技です。ネットバンクを利用する際など、慎重にSafariを使いたいときにも便利ですよ。

 ・連載→iPhone Tips

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう