連載
» 2017年05月02日 06時00分 UPDATE

懐かしのケータイギャラリー:まるでウルトラマン? 高速処理がウリの日立ケータイ「A5303H」

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、auの日立製作所製ケータイ「A5303H」です。

A5305H 「A5303H」
A5305H

 レッドとシルバーのカラーリングが印象的なA5303Hは、その風貌から「ウルトラマンケータイ」などとも呼ばれていました。日立がau向けに供給していたケータイは、こうしたレッド基調のかっこいいモデルが多かった印象です。

 ヒンジ部に組み込まれた34万画素CMOSカメラは180度回転するので、メインディスプレイを見たまま自分撮りができるほか、端末を閉じた状態でも撮影できます。撮影した動画をメールで送信できる「ムービーメール」にも対応しています。

 モバイル端末向けのアプリケーションプロセッサとして、日立製作所の「SH-Mobile」を搭載しています(ちなみにSHは「SuperH」の略)。SH-Mobileは、動画の録画・再生、ezplus(アプリ)の起動などを高速で行えるのが特徴です。この頃のケータイは、動画撮影、着うた再生、Javaアプリなどに続々と対応し、こうした動画・音声コンテンツやアプリなどが“サクサク動く”ことが、差別化のポイントになりつつありました。

A5305H
A5305H

「A5303H」の主な仕様

  • 発売日:2002年12月18日
  • キャリア:KDDI
  • メーカー:日立製作所
  • サイズ:約50(幅)×100(高さ)×27(奥行き)mm(折りたたみ時)
  • 重量:約112g
  • メインディスプレイ:約2.0型(132×176ピクセル)TFT液晶
  • サブディスプレイ:約1.1型(88×64ピクセル)TFT液晶
  • カメラ:有効約32万画素CMOS
  • ボディーカラー:スパークレッド、シアーパープル、エアーシルバー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう