ニュース
» 2017年08月23日 09時00分 公開

ドコモ、「arrows NX F-02H」のOSバージョンアップを一時中断 一部個体で温度検出機能に異常から電源断

Android 7.1へのOSバージョンアップが提供された「arrows NX F-02H」。しかし、適用後に一部個体で異常が発生したため、提供を一時見合わせることになった。提供再開時期は未定だ。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは8月22日、富士通(現・富士通コネクテッドテクノロジーズ)製Androidスマートフォンへの「arrows NX F-02H」へのOSバージョンアップを一時中断した。適用後に一部端末で温度検出機能の異常が原因で、原因が分かり次第提供を開始する予定だ。

F-02H arrows NX F-02H

 F-02Hには、8月22日にAndroid 7.1へのOSバージョンアップが配信された。Android 7.0および7.1で追加された新機能を利用できるようになる他、機種固有の不具合も修正された。

 しかし、このバージョンアップを適用した後、一部の個体で温度検出機能の異常に関するエラー表示が出て電源が強制的に切れる事象が発生した。そのため、OSバージョンアップの提供を見合わせ、原因を調査することになったという。

 既にOSバージョンアップを済ませているユーザーで、電源の強制断が発生した場合はドコモの故障取り扱い窓口(ドコモショップやドコモサービスコーナー)へと修理を依頼する必要がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう