レビュー
» 2017年10月23日 17時50分 公開

通信速度定点観測:UQ mobileが引き続き絶好調 夕方が全体的に少し不安――「格安SIM」の実効速度を比較(au&Y!mobile回線9月編) (1/2)

格安SIMを選ぶうえで料金と並んで重要な「通信速度」。本企画では主要な格安SIMサービスの通信速度を月に1回、横並びで比較する。9月のau回線を使ったサービスとY!mobileの測定結果を紹介しよう。

[小林誠,ITmedia]

 MVNOが提供している「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。料金は各社のWebサイトやカタログに表示されていて比較しやすいが、通信速度は各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されており、実際のところどれだけの速度が出るのかが分からない。

 そこで、本企画では各社が提供している格安SIMの“実効速度”を毎月調査し、その結果を横並びで紹介している。今回は9月にテストした、au系通信サービスとY!mobileの速度をお伝えする。本企画がMVNOサービスを選択する際の一助になると幸いだ。

 9月のドコモ回線編は、以下の記事をご参照いただきたい。

SIMカードのパッケージ写真

通信速度の調査方法

 今回、テストを行ったのは以下の5サービス。

  • UQ mobile
  • mineo(Aプラン)
  • IIJ mio(タイプA)
  • au(LTE NET)
  • Y!mobile

 auのLTE NETはMVNOではなく、auのスマートフォン・タブレット用のネット接続サービス。いわば“純正”の通信速度となる。Y!mobileも同様に、大手キャリアであるソフトバンクの回線をそのまま使っているので“純正”回線となる。

 調査条件は以下の通り。

  • 計測端末:ZenFone 3×4台
  • 計測アプリ:RBB TODAY SPEED TEST
  • 計測時間帯:9月28日(木)8時52分〜、12時20分〜、18時〜
  • 計測場所:JR横浜駅西口
  • 計測回数:各時間帯・場所で1サービス、上下3回ずつ(平均値を掲載)

 通信測定のエラー、明らかにありえない速度(理論値超え)が表示された場合は再測定とした。各サービスの測定開始時刻は、テスト結果の表を確認してほしい。記事で明記している速度結果は特記がないものを除き、3回の平均値を取っている。

 本企画で紹介する通信速度は、時間帯や場所によって大きく変化するので、記事で紹介されている数値を100%うのみにせず、あくまで参考値としてご覧いただきたい。

午前:mineoがMVNOでトップ 純正回線とほぼ同じ速度

 まずは午前中の測定結果から見てみよう。

 午前中は、比較的良好な通信が期待できる。先のドコモ編では、前回(8月)に続き下り平均50Mbps超のサービスが複数出た。au系サービスやY!mobileはどうか。

JR横浜駅西口での測定結果(午前) JR横浜駅西口での測定結果(午前)

 下り平均速度では、前回はau系を抑えて「Y!mobile」がトップだったが、今回はau純正の「LTE NET」が平均30.83Mbpsで1位となった。ただし、8月は平均66.14Mbpsだったことを考えると速度は半減していることになる。2位の「mineo(Aプラン)」は、平均29.86Mbpsと、au純正回線とほとんど変わらない結果に。3位の「UQ mobile」は平均27.03Mbpsと、トップ3は接戦だ。

 一方、残るau系サービスの「IIJmio(タイプA)」は平均2.46Mbpsとガクンと速度が落ちる。もっとも7月は3Mbps台、8月も2.98Mbpsと、いつも通りといえばいつも通りだ。むしろ、IIJmioで気になるのは上りの速度。平均1Mbpsを切る0.89Mbpsと、遅めだ。

 Y!mobileについては、下り平均20.27Mbps。8月の69.37Mbpsと比べると大きく落ちたものの、まだ実用上はまったく問題ない速度だ。上り平均速度についても、平均6.56Mbpsで全体トップだ。

JR横浜駅西口での測定結果(午前)
計測開始時刻 下り平均(Mbps) 上り平均(Mbps)
mineo(Aプラン) 8:52 29.86 4.26
UQ mobile 8:52 27.03 3.84
IIJmio(タイプA) 8:52 2.46 0.89
au(LTE NET) 8:52 30.83 1.93
Y!mobile 8:56 20.27 6.56

午後:LTE NETとUQ mobileが30Mbps台

 ランチタイムは通信が混雑する。それゆえに、特にMVNOは通信速度が大きく落ち込みやすい。ドコモ編では、MVNOの17サービス中15サービスが下り平均1Mbps未満となった。au系サービスやY!mobileはいかに。

JR横浜駅西口での測定結果(午後) JR横浜駅西口での測定結果(午後)

 au系サービスでは、MVNOのmineoが下り平均0.53Mbps、IIJmio(タイプA)が同0.49Mbpsと前回より速度はわずかに上がっているものの、1Mbps未満からの脱出はかなわなかった。

 一方で、UQ mobileは下り平均31.19Mbpsで、意外なことに午前中の計測よりも良好な結果に。純正のLTE NETはさらに速く、下り平均39.04Mbpsとなった。もっとも、両サービスともに若干ではあるが8月と比べると遅くなっている。

 Y!mobileは前回、下り平均7Mbps台とやや速度が落ちたが、今回は下り平均20.55Mbpsと好調だった。

 上りの速度については、どのサービスも1〜4Mbps台。トップはY!mobileの平均4.58Mbpsで、2位はUQ mobileの平均2.81Mbpsとなった。

JR横浜駅西口での測定結果(午後)
計測開始時刻 下り平均(Mbps) 上り平均(Mbps)
mineo(Aプラン) 12:20 0.53 1.56
UQ mobile 12:20 31.19 2.81
IIJmio(タイプA) 12:20 0.49 1.46
au(LTE NET) 12:20 39.04 2.73
Y!mobile 12:25 20.55 4.58

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう