連載
» 2018年01月06日 10時00分 公開

ケータイの新たな形を模索 QWERTYキーボードを搭載した「インターネットマシン 922SH」(懐かしのケータイ)

ノートPCのような横開きボディーにQWERTYキーボードを備えた「インターネットマシン 922SH」。大きな横向き画面や、読み込み容量制限が拡大されたPCサイトブラウザなど、ネットを快適に利用できる機能を詰めこんだケータイでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)のシャープ製ケータイ「インターネットマシン 922SH」です。

「インターネットマシン 922SH」(閉じた正面)
「インターネットマシン 922SH」(開いた正面) 「インターネットマシン 922SH」

 922SHは、横開きのボディーにQWERTYキーボードを搭載し、見た目は「小さなノートPC」でした。ネットアクセスを快適にすることを主目的として開発されたことから「インターネットマシン」と名付けられました。

 ケータイとしては当時最大級かつ高解像度な3.5型のフルワイドVGA(854×480ピクセル)液晶を備え、Webブラウジングはもちろんワンセグの視聴も快適でした。

 搭載されるPCサイトブラウザは、ページ読み込み容量の制限を従来の500KBから1MBに拡大。従来の機種では表示できなかった情報量の多いWebページも閲覧できるようになりました。

「インターネットマシン 922SH」(閉じた背面)

 QWERTYキーボードに加え、従来のケータイと同じような方向キーなども備え、メニュー操作などは普通のケータイと変わらず行えます。通話は、画面を閉じたまま背面のタッチセンサー式の十字キーでアドレス帳を呼び出したり、電話番号を入力したりして行います。“閉じたまま”が通常スタイルでした。

キー回り

 この機種はケータイ用のOSを搭載しているので「S!メール」「Yahoo!ケータイ」「S!アプリ」といったケータイ向けの各種サービスが利用可能でした。PCサイトブラウザの通信料については「パケットし放題」によって月額上限5700円で使えました。当時のスマホ向け定額プランでは、月額上限が1万290円となる場合がありましたが、922SHではその心配がなかったことも特筆すべきポイントです。

手前側の各種キー

(機材協力:携帯市場)

「インターネットマシン 922SH」の主な仕様

  • 発売日:2008年3月28日
  • キャリア:ソフトバンクモバイル
  • メーカー:シャープ
  • サイズ:約56(幅)×116(高さ)×17(奥行き)mm
  • 重量:約132g
  • メインディスプレイ:3.5型(854×480ピクセル)NewモバイルASV液晶 最大26万色
  • サブディスプレイ:1.18型(128×64ピクセル)白色有機EL
  • アウトカメラ:有効約200万画素CMOS
  • インカメラ:有効約11万画素CMOS
  • ボディーカラー:パールホワイト、メタリックブラック、ブロンズゴールド、パールピンク

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう