トップ10
» 2018年01月19日 17時10分 公開

Mobile Weekly Top10:au春モデルに「Huaweiスマホ」登場/米国で「Xperia」のミドルレンジモデル発表

auが2018年春モデルを発表しました。注目は、au初となるHuawei製スマートフォン「HUAWEI nova 2 HWV31」です。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2018年1月8日から1月14日までのアクセスを集計し、ランキング化しました。

HUAWEI nova 2 auの2018年春モデルとして登場する「HUAWEI nova 2 HWV31」

 1位の「au春モデル発表 au初のHuaweiスマホやQuaシリーズなど7機種」は、au(KDDIと沖縄セルラー電話)の2018年春モデルを紹介した記事です。

 auの春モデルはミドルレンジスマートフォンとタブレットが主体です。その中でも、ファーウェイの「HUAWEI nova 2」がラインアップに含まれていることが注目すべきポイントです。

 au向けの「HUAWEI nova 2」は、ファーウェイとしては初めてのau向けスマホ。HiSilicon(中国Huaweiの子会社)が開発した独自プロセッサ「Kirin659」を採用していますが、「au VoLTE」にもしっかり対応しています(当然といえば当然ですが)。

 ファーウェイは以前、NTTドコモやソフトバンク(旧ソフトバンクモバイルと旧イー・モバイル)向けにスマートフォンを納入していましたが、ここ最近の大手キャリア向けビジネスはルーターとキッズケータイが中心。スマホはSIMロックフリー市場で展開していました。例外といえばソフトバンクの「Y!mobile」ブランド向けの「LUMIERE(P8liteベース)」と「HUAWEI nova lite for Y!mobile」ぐらいです。

 このau向けnova 2をきっかけに、他の大手キャリアでもHuaweiスマホが登場するようになるか、注目です。

Xperia XA2 UltraXperia XA2 「Xperia XA2 Ultra」(写真=左)と「Xperia XA2」(写真=右)(いずれも筆者撮影)

 ランキング2位の「ソニー、“スーパーミドルレンジ”Xperia XA2/XA2 Ultraを2月発売へ L2は1月」は、米ネバダ州ラスベガス市で開催されていた「CES 2018」に合わせて発表されたXperiaのミドルレンジモデルに関する記事です。

 Xperiaの「第3章」において中価格帯を担うべく登場した「Xperia XA」シリーズは、それ以前の「Xperia M」シリーズと同様に日本では展開されていません。XA/XA UltraをモデルチェンジしたXA2/XA2 Ultraも例外ではなく、日本での発売予定はありません。

 しかし、両機種を見ると今後のハイエンドモデルを「示唆」するような取り組みも見受けられます。例えば、XA2 UltraはXperia初となる「デュアルカメラ」を搭載しています。この機種ではインカメラがデュアル構成ですが、今後のハイエンドXperiaも何らかの形でデュアルカメラを搭載するかもしれません。

 また、従来のXperiaスマホの指紋認証センサーは電源キーと一体化されていましたが、XA2/XA2 Ultraでは電源キーから“独立”して背面に移されました。「電源キー兼指紋センサー」がある意味でXperiaのアイデンティティーでしたが、今後のハイエンドXperiaも利便性を高めるために背面センサーを採用するかもしれません。

 例年、ハイエンドXperiaの新モデルはスペイン・バルセロナで開催される「Mobile World Congress(MWC)」で発表されます。ご多分に漏れなければ、今年の「MWC 2018」で新たなハイエンドXperiaが登場するはずです。

 Xperia XA1/XA1 Ultraの姿から、新しいハイエンドXperiaを想像してみるのも楽しいかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう