ニュース
» 2018年01月25日 12時40分 公開

Appleが「iOS 11.3」を今春リリース バッテリーの修理を推奨する機能も

Appleが「iOS 11.3」の詳細を紹介。バッテリーの修理を推奨する機能を追加する他、シャットダウンを防ぐためのパフォーマンス制御機能をオフにできるようになる。一般ユーザー向けには2018年春に提供する。

[田中聡,ITmedia]

 米Appleが1月25日(現地時間)、「iOS 11.3」の新機能を発表した。開発者向けプレビューを25日に提供し、その後パブリックβを提供。一般ユーザー向けには2018年春に提供する。iPhone 5s以降、iPad AirおよびiPad Proの全モデル、iPad(第5世代)、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)が対象となる。

 iPhone 6以降のモデルで起きた“減速問題”に関連する措置として予告していた、iPhoneのバッテリー状態を示す新機能を提供する。「設定」→「バッテリー」から確認でき、修理が必要な場合はその旨が表示される。

 iOS 10.2.1から導入された、急なシャットダウンを防ぐためにパフォーマンスを制御する機能は、手動でオフにできるようになる。この設定はiPhone 6〜iPhone 7 Plusで利用できる。

 ARアプリを開発するためのフレームワーク「ARKit」を拡張。テーブルや椅子など水平なものだけでなく、壁やドアなど垂直なものも認識可能になる。サインやポスターなどの2D画像を認識できるため、美術館で展示物から情報を取得したり、映画館のポスターでキャラクターの動きを楽しんだり、といったことができる。カメラ画面に映した映像は従来より50%解像度が向上する。

iOS 11.3 ARアプリで水平面も認識可能になる

 iPhone X向けの「アニ文字」に、ドラゴン、クマ、頭蓋骨、ライオンが加わり、計16種類のキャラクターが利用可能になる。

iOS 11.3iOS 11.3 新しい「アニ文字」のキャラクター

 企業がユーザーとメッセージアプリを使ってコミュニケーションできる「Business Chat」を導入する。Hilton、Lowe’s、Wells Fargoがまずは始める。

iOS 11.3 「Business Chat」

 「ヘルスケア」アプリの新機能として「Health Records」を導入。自分の医療データを複数の医療機関から集めて一元管理できるようになる。

iOS 11.3 「Health Records」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう