連載
» 2018年05月20日 10時00分 公開

弧を描くデザインが印象的な「Xperia arc SO-01C」(懐かしのケータイ)

BRAVIAやCyber-shotといったソニー製品の技術をふんだんに盛り込んだ「Xperia arc SO-01C」。背面が少し反り返った形状になっているなど、斬新なデザインが印象的な製品でした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(現・ソニーモバイルコミュニケーションズ)製スマートフォン「Xperia arc SO-01C」です。

「Xperia arc SO-01C」(正面)
「Xperia arc SO-01C」 (背面)「Xperia arc SO-01C」

 2011年に発売されたSO-01Cは、Android 2.3を採用した日本初のスマホとして登場しました。グローバルモデルとして発表された「Xperia arc」のドコモ向けモデルで、背面が弧を描いたように少し凹んだデザインになっているのが特徴です。

 ソニーのテレビ「BRAVIA」にも採用された「クリアブラックパネル」や高画質技術「モバイルブラビアエンジン」を搭載。またソニーのデジカメ「Cyber-shot」に採用された裏面照射型CMOSセンサーをケータイ向けに調整した「Exmor R for mobile」を搭載するなど、当時のソニーの最新技術が詰め込まれていました。

上面
左側面

 携帯販売ランキングでは発売直後に総合部門で首位を獲得し、そのまま5週連続1位をキープする人気ぶりを見せました。

 ちなみにグローバルモデルとして発表された1月時点では、最薄部8.7mmという薄型ボディは世界最薄モデルでしたが、2月に発表されたドコモの「MEDIAS N-04C」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ)が厚さ7.7mmを実現していたため、3月の発売前に世界最薄モデルの座を奪われてしまいました。

ナビゲーションキー回り
カメラ回り
ソニエリロゴ回り

「Xperia arc SO-01C」の主な仕様

  • 発売日:2011年3月24日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約63(幅)×125(高さ)×10.9(奥行き)mm(最薄部8.7mm)
  • 重量:約118g
  • メインディスプレイ:4.2型(480×854ピクセル)TFT液晶 1677万7216色
  • アウトカメラ:有効約810万画素 裏面照射型CMOS
  • ボディーカラー:Midnight Blue、Misty Silver、Sakura Pink

関連キーワード

Xperia arc | NTTドコモ | Android | Sony Ericsson


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう