ニュース
» 2018年05月31日 19時50分 公開

iMac G3をモチーフとしたiPhone X用ケース「Classic C1」登場

Spigenは、5月31日にiMac G3をモチーフとしたiPhone X用ケース「Classic C1」を発表した。細部までこだわったデザインに加え、エアクッションテクノロジーでデバイスのコーナー部分への衝撃から保護する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Spigen(シュピゲン)は、5月31日に「iMac G3」をモチーフとしたiPhone X用ケース「Classic C1」を発表した。公式サイトと卸販売の取り扱いで、時期は6月中旬頃を予定している。

PhotoPhoto Classic C1

 本製品は、1998年に発売されたiMac G3のデザインを模したもの。内部が透けて見えるようになっており、ケース内側にはiMac G3発表時に使われた「hello(again)」の文字も入っている。

 素材にはTPUとポリカーボネートを採用。ケースの内側四隅には同社の独自技術であるエアクッションテクノロジーが用いられ、落下時に最も衝撃を受けるコーナー部分への衝撃を軽減する。ケースを装着したままでもワイヤレス充電が可能だ。

 カラーはボンダイブルー、グラファイト、スノー、ルビー、セージの全5色で、価格は4990円(税込)。商品に関する問い合わせは、公式サイトの問い合わせフォームで受け付けている。

関連キーワード

iMac | Spigen | iPhone X


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう