連載
» 2018年06月16日 10時00分 公開

大画面・高解像度ディスプレイ搭載でヒットしたケータイ「mova N504i」(懐かしのケータイ)

発売初日に2万台強を販売した「mova N504i」。NEC伝統のデザインを変えることなくディスプレイの高解像度化を図るなど、見やすさを大きく進化させたケータイでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのNEC製ケータイ「mova N504i」です。

「mova N504i」(閉じた正面)
「mova N504i」(開いた正面) 「mova N504i」

 2002年に発売されたN504iは、当時としては最大級の162×216ピクセルの2.2型ディスプレイを搭載したケータイです。

 前モデルのN503iSは120×160ピクセルの2型ディスプレイを搭載していましたが、当時としてはこの解像度とサイズが標準的。N504iのディスプレイがいかに高解像度かつ大画面だったかが分かります。

 それでいて、N503iSから本体サイズや重さをほぼ保っている点も見逃せないポイントです。だからこそ、見た目的に「何も変わっていない」と勘違いする人も少なからずいたようです。

左側面
右側面

 ミッキーマウスが登場する待ち受けアプリを内蔵していた他、待ち受け画面や着信メロディなどをディズニーコンテンツに一括設定できる「Disneyモード」を搭載。また、日本語入力モードとして初めてT9を採用しました。

 もともと人気の高かったNECケータイですが、当時の最高スペック端末でありながら、新規で2万円台に収まる価格だったこともあり、N504iは発売初日に2万台強、6月度には38万台を販売したというデータもあるほど、ヒットしました。

アンテナを伸ばす
キー回り

「mova N504i」の主な仕様

  • 発売日:2002年5月29日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:NEC
  • サイズ:約48(幅)×93(高さ)×24(奥行き)mm
  • 重量:約105g
  • メインディスプレイ:2.2型(162×216ピクセル)TDF液晶 6万5536色
  • サブディスプレイ:STN液晶 モノクロ
  • ボディーカラー:ミスティシルバー、プライムブラック、レジーナピンク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう