ニュース
» 2018年06月19日 10時19分 公開

Googleのデータ通信管理アプリ「Datally」に「ゲストモード」など4つの新機能

Googleのデータ通信量管理Androidアプリ「Datally」に、人に端末を貸すときにデータ通信量を制限できる「ゲストモード」や使っていないアプリを通知する機能、近くのWi-Fiスポットを視覚的に探せる「Wi-Fi Map」などの新機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは6月18日(現地時間)、モバイルデータ通信量管理Androidアプリ「Datally」の4つの新機能を紹介した。

 Datallyは昨年11月にリリースのAndroidアプリ。Googleによると、Datallyユーザーはこのアプリを使うことで、平均21%モバイルデータを節約できているという。

端末を貸すときにデータ通信量を制限できる「Guest Mode」

 家族や友人に端末を貸す際、あらかじめ使えるデータ通信量を設定できるようになる。データ通信量を気にせずYouTubeやゲームを使ってしまう子どもの保護者に朗報だ(下図左)。

1日当たりに使うデータ通信量を制限する「Daily Limit」

 自分の端末でもうっかり使い過ぎないように、1日当たりの使用量を設定し、上限に近づくと警告を表示する機能。警告後、データをブロックすることも、そのまま使い続けることもできる(下図右)。

 datally 1 「Guest Mode」(左)と「Daily Limit」

使っていないのにデータを消費しているアプリを通知

 インストールしたもののほとんど使っていないアプリを通知する機能。アプリは使っていなくても、バックグラウンドでデータ通信を使っている場合がある。Googleによると、1カ月以上開いてもいないアプリがバックグラウンドで消費するデータ通信量が全体の20%を占めるユーザーが多いという。

 アプリの通知画面から、使っていないアプリを1タップでアンインストールできる(下図左)。

近くの安全なWi-Fiスポットを表示する「Wi-Fi Map」

 Datallyにはリリース段階から近隣のWi-Fiスポットを探す機能「Find Wi-Fi」があるが、「Wi-Fi Map」で視覚的に近くのスポットを探せるようになる(下図右)。

 datally 2 使っていないアプリの通知(左)と「Wi-Fi Map」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう