連載
» 2018年06月24日 10時00分 公開

au 4G LTEに対応 多機能コンパクトスマホ「ARROWS ef FJL21」(懐かしのケータイ)

提供開始されたばかりだったau 4G LTEに対応した「ARROWS ef FJL21」。ワンセグやおサイフケータイ、決済対応のNFCなど、コンパクトなボディに様々な機能が詰め込まれたスマートフォンでした。

[ITmedia]

 思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、au(KDDI・沖縄セルラー電話)の富士通モバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「ARROWS ef FJL21」です。

「ARROWS ef FJL21」(正面)
「ARROWS ef FJL21」(背面) 「ARROWS ef FJL21」

 2012年に発売されたFJL21は、ハイスペックな防水モデルながら、幅62mmと持ちやすいコンパクトさを確保したAndroidスマホです。

 同年9月に発売となった「iPhone 5」と同時に提供開始となったau 4G LTEに対応したARROWS初の端末で、下り最大75Mbpsの高速通信が可能でした。通信機能としてはWi-Fiテザリングも可能で、Wi-Fi機器は最大8台まで接続することができました。

左側面
右側面

 ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ(FeliCa)といった日本市場向けの機能もバッチリ搭載。また、決済サービスにも対応したNFC機能をARROWSシリーズで初めて搭載した製品でもありました。

 また、センサー部分を押して画面をON、そのまま指を滑らせるとロック画面を解除できる「スマート指紋センサー」や、通話相手の声がはっきり聞こえる「スーパーはっきりボイス4」などなど、富士通端末お馴染みの機能も豊富に備えていました。

下面
バッテリーは外せる
ワンセグアンテナ

「ARROWS ef FJL21」の主な仕様

  • 発売日:2012年11月2日
  • キャリア:au
  • メーカー:富士通モバイルコミュニケーションズ
  • サイズ:約62(幅)×127(高さ)×10.7(奥行き)mm
  • 重量:約139g
  • メインディスプレイ:4.3型(720×1280ピクセル)TFT液晶 1677万色
  • アウトカメラ:有効約810万画素CMOS
  • インカメラ:有効約120万画素CMOS
  • ボディーカラー:Soft blue、Solid black、Pink gold

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう