ニュース
» 2018年06月29日 10時00分 公開

石川温のスマホ業界新聞:今年も盛況だった「孫正義ファンミーティング」――「孫さん、えらい老けたわね」と暴言を吐く株主も

ソフトバンクグループの株主総会が行われた。「孫正義ファンミーティング」とも呼ばれることもあるほどに孫正義社長のファンである株主が多く来場する同社の総会だが、ここ数年は通信事業の戦略があまり見えてこない。

[石川温]

 今週、大手3キャリアの株主総会が開催された。

 やはり、株主のキャラが濃かったのはソフトバンクだった。

この記事について

この記事は、毎週土曜日に配信されているメールマガジン「石川温のスマホ業界新聞」から、一部を転載したものです。今回の記事は2018年6月23日に配信されたものです。メールマガジン購読(月額540円・税込)の申し込みはこちらから。


 株主からは「ぜひとも総理大臣になってください」とか「配当金はいらないから、孫さんと握手する権利が欲しい」という要望が飛び出すなど、「孫正義ファンミーティング」の異名を持つだけあっての独特な雰囲気に包まれていたのだった。

 ただ、例年、株主の気遣いから「孫さんの体調が心配です」という声も上がるのだが、今年は「4、5年前にロボットと一緒に出てきた孫さんのことがファンだった。久しぶりに見たら、えらい老けていた」と素直な感想をぶつける株主も現れた。

 「いつまでも元気で」という励ましではなく「えらい老けたな」という逆の指摘に孫さんもちょっと面食らっていたように思う。

 プレゼンでは孫社長による「群戦略」の説明に始まり、「いま(19日現在)の株価は8070円。しかし、アリババ、スプリント、ヤフー、アーム、ソフトバンクビジョンファンドの企業価値を足すと実は2万3000円分の価値がある。借金分の8954円を引いても、1万4000円分の価値がある」と説明。「ソフトバンク株を買わない理由はない。悩みは消えたでしょう。孫正義ディスカウントだ」と力説し、さらなる株の購入を煽ったのが印象的であった。

 またこの価値には、いまのところ、ソフトバンクの国内通信事業が含まれており、将来的にはこれは上場するという説明がされていた。

 年内にも上場という話となっているが、個人的には早く上場してもらいたいと切に願う。

 今回の株主総会しかり決算説明会しかり、今のソフトバンクのプレゼンからは、国内通信事業の現状や戦略が全く見えてこず、メディアとしての分析がしにくくなっている。

 孫社長は「この10年は97%を通信事業の運営、3%を投資に使ってきたが、これからは97%を投資に費やす」としている。一刻も早く、ソフトバンク本体は孫社長の会社として投資に専念してもらい、ソフトバンクの国内通信事業は宮内社長体制で別会社となり、決算説明会も株主総会も別に開催してもらいたいものだ。

 ここ最近のソフトバンクの国内通信事業の数字を見ると「先行投資のフェーズ」といいわけしているようだが、決して数字はいいとはいえない。ワイモバイルの人気が高まることで、結果として収益面の足を引っ張っている状況ではないのだろうか。

 そもそもワイモバイルにユーザーがどれだけいるのかを含め、いまのソフトバンクとワイバイルの状況は見えないことが多すぎる。早く上場してもらって、ソフトバンクの国内通信事業の透明性を高めてもらいたいものだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう