調査リポート
» 2018年07月17日 19時30分 公開

格安SIM利用者シェアは楽天モバイル、総合満足度はLINEモバイルがトップ ICT総研の調査結果

ICT総研は、7月17日に「2018年MVNO格安SIMの市場動向調査」の結果を発表。利用者シェアは「楽天モバイル」がトップとなり、満足度ポイントは「コストパフォーマンスの高さ」「最適な料金プランの有無」など前年同様料金面に対する項目が相対的に高い。総合満足度は「LINEモバイル」がトップ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ICT総研は、7月17日に「2018年MVNO格安SIMの市場動向調査」の結果を発表した。1万679人に対するWebアンケートのうち、格安SIM利用者1227人の回答結果を基にしている。

 現在利用している事業者は「楽天モバイル」が25.7%でトップとなり、ケイ・オプティコムの「mineo」が16.1%、UQコミュニケーションズの「UQ mobile」が12.1%、インターネットイニシアティブの「IIJmio」が8.6%、NTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」が7.7%と続く。なかでも楽天モバイルとUQ mobileのシェア拡大ペースが目覚ましく、上位5事業者のシェア合計は70.1%まで進んだ。

Photo

 格安SIM利用者に対し、10項目の指標で聞いた満足度ポイントを100点満点換算した。「コストパフォーマンスの高さ」(平均76.8ポイント)や「最適な料金プランの有無」(平均74.8ポイント)など、料金面に対する項目が前年同様に他項目から相対的に高くなっている。料金面に対する項目の満足度ポイントは「LINEモバイル」が80ポイントを超えた。

 一方「ホームページ閲覧の品質・安定性」「ホームページ閲覧の速度」「動画視聴の品質・安定性」「動画視聴の待機時間・速度」などの通信品質面、「コールセンターのつながりやすさ」「コールセンターの対応」などのサポート面は相対的に低い。「ホームページ閲覧の品質・安定性」はLINEモバイル、「動画視聴の品質・安定性」はUQ mobile、「事業者に対する信頼性」は3年連続でIIJmioが満足度トップとなった。

 総合満足度はLINEモバイルが75.4ポイントでトップ。IIJmioが71.0ポイントで次点、「BIC SIM」が69.0ポイントと続いた。LINEモバイルは全体的に際立って低い項目がなく、料金面やサポート面の項目でポイントが高いことが満足度に寄与した。

Photo

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう