ニュース
» 2018年08月29日 12時00分 公開

動画・SNS使い放題+月間50GBで7480円から(割引なし時)――ソフトバンクが「ウルトラギガモンスター+」発表 「月月割」は原則適用不可

ソフトバンクが新料金プランを発表。一番の目玉は、指定の動画・SNSサービスのデータ通信を通信容量としてカウントしない「ウルトラギガモンスター+(データ定額 50GBプラス)」だ。【修正・追記】

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクは9月6日から(※)、新しい料金パック「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」を提供する。ウルトラギガモンスター+は動画・SNSサービスのデータ通信容量をカウントしないこと、ミニモンスターは利用した容量に応じて料金が4段階で変わることが特徴だ。ただし、これらのプランでは、端末購入に伴う「月月割」を原則として適用できない

※端末購入を伴わないプラン変更は11月1日から受け付け

【修正:13時15分】タイトルを一部変更しました。また、本文も一部変更しました
【追記・訂正:14時30分】ウルトラギガモンスター+の「ギガノーカウント」対象外通信について追記しました。また「通話基本プラン(フリーコース)」の説明を訂正しました
【訂正:16時40分】ソフトバンクからニュースリリースを訂正する予定との連絡を受けたため、その内容を記事に反映しました

(記事中の価格は全て税別)

概要 新しい料金パックと割り引きの概要

ウルトラギガモンスター+

 ウルトラギガモンスター+は、新しいデータ通信プラン「データ定額 50GBプラス」、「通話基本プラン」と「ウェブ使用料」(月額300円)を組み合わせた4G/4G LTEスマートフォン向けの料金パック。2年契約時の合計月額料金は7480円(通話オプションなし)で、新規契約から1年間は割り引きを最大限適用すると月額3480〜5480円で利用できる。

ウルトラギガモンスター+ ウルトラギガモンスター+。1人で利用する場合、割り引きを最大限適用すると新規契約から1年間は月額5480円で使える

 データ定額 50GBプラスは月額5980円。月間50GBの高速通信容量が付与される他、動画・SNSサービスに関するデータ通信量をカウントしない「ギガノーカウント」を利用できる。

 サービス開始時は、以下のサービスがギガノーカウントの対象となる。

  • YouTube
  • AbemaTV(お知らせページ・FAQ・公式サイトの閲覧は除く)
  • TVer(広告やトピックスの閲覧などは除く)
  • GYAO!(広告の視聴・閲覧、画像・テキストの閲覧などを除く)
  • Hulu(動画の視聴・ダウンロード以外の通信を除く)
  • LINE(LINE通話を除く)
  • Instagram(Music Storiesの再生を除く)
  • Facebook(Music Storiesの再生とMessengerの通信を除く)

 ただし、VPNを介して通信した場合は対象サービスであってもデータ通信量をカウントされる場合がある。また、一定期間に著しく大量の通信をすると速度制限がかかる場合がある。

対象サービス 対象サービスは「ギガ」を気にせず使える
消費するサービス ギガノーカウントの対象外通信

 通話基本プランは「2年契約」「2年契約(フリープラン)」「2年契約なし」を選択できる。

 2年契約は月額1200円で、契約期間中の解約には9500円の契約解除料が必要となる。

 フリープランは月額1500円で、初回の2年契約満了時以降の契約解除料が不要となる。

 2年契約なしは月額料金は3900円で、いつ解約しても契約解除料がかからない上、月月割を適用できる

 いずれの契約も通話は30秒あたり20円の従量課金となるが、国内宛通話が1回あたり5分間無料となる「準定額オプション」(月額500円加算)と、国内宛通話が無制限で無料となる「定額オプション」)(月額1500円加算)も用意している。

ギガ使い放題キャンペーン(2019年4月7日まで)

 2019年4月7日までにウルトラギガモンスター+を契約すると、2019年4月7日を含む請求月まで全ての国内におけるデータ通信を使い放題とする。

 このキャンペーンは「iPhone(iPhone 3G)発売から10周年を記念」(ソフトバンクの榛葉淳副社長)したものでもある。

ギガ使い放題キャンペーン 2019年4月7日までにウルトラギガモンスター+を契約すると、全ての国内データ通信容量が無制限に

ミニモンスター

 ミニモンスターは、新しいデータ通信プラン「データ定額ミニモンスター」と通話基本プラン、ウェブ使用料を組み合わせた4G/4G LTEスマートフォン向けの料金パック。2年契約時の合計月額料金は3980〜8480円(通話オプションなし)で、新規契約から1年間は割り引きを最大限適用すると月額1980〜6480円で利用できる。

ミニモンスター ミニモンスター。4段階のデータ定額だ(画像の料金は割り引きを最大限適用した場合)

 データ定額ミニモンスターは、データ通信量によって月額料金が以下の通り変動する。

  • 〜1GB:月額2480円
  • 〜2GB:月額4480円
  • 〜5GB:月額5980円
  • 〜50GB:月額6980円

 容量が50GBを超過した場合は通信速度が上下最大128kbpsに制限されるが、従来のデータ定額と同様に追加容量を購入すれば速度を回復できる。

 通話基本プランやウェブ使用料は、ウルトラギガモンスター+と同様の設定となっている。

ガラケ→スマホ割(9月6日から)

 ケータイからスマートフォンに切り替える際にミニモンスターを契約した人を対象に、1年間に渡って月額料金を毎月1980円の割り引く。割り引きを最大限適用すると、月額料金が0円から利用できる。

 ソフトバンクの既存契約者の他、MNPや純粋な新規契約で他社から移行するケータイユーザー(Y!mobileからの番号移行も含む)も対象となる。

「みんな家族割+」

 大容量データプランの契約者を対象とする「みんな家族割」は、9月6日からウルトラギガモンスター+とミニモンスターもカウント対象回線に加わる。これに伴い、プログラム名も「みんな家族割+」に改める。

 ただし、ミニモンスターは割り引きの適用対象外となる(回線カウントのみ)。

みんな家族割+ みんな家族割+では、比較的小容量なミニモンスターも回線数に組み入れられる

プラン・サービス・オプションの提供終了

 今回の新料金パックの提供開始に伴い、9月5日をもって新規契約時のプラン・サービスの加入受け付けを終了する。

  • 通話定額プラン
  • 通話定額ライトプラン
  • データ定額ミニ 1GB/2GB
  • データ定額 5GB
  • データ定額 20GB(ギガモンスター)
  • データ定額 50GB(ウルトラギガモンスター)
  • おてがるプラン

 また、10月31日をもって既存契約者の以下のプランへの変更の受け付けも終了する。

  • おてがるプラン(機種変更時)
  • 通話定額プラン(ホワイトプランからの変更時)
  • 通話定額ライトプラン(ホワイトプランからの変更時)

 さらに、以下のプランの契約者が2019年2月1日以降に機種変更する場合、月月割が適用されなくなる。

  • ホワイトプラン
  • 通話定額プラン
  • 通話定額ライトプラン

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう