ニュース
» 2018年09月10日 00時00分 公開

KDDIが日本初の「船舶型基地局」を運用 北海道のエリア復旧に

KDDIが9月8日、日本で初めて「船舶型基地局」を運用開始。海底ケーブルル敷設船「KDDIオーシャンリンク」を日高沖に停船させた。陸上の基地局が十分に機能していない場所でも、au携帯電話が利用できるようになる。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは北海道胆振地方中東部で発生した地震に伴い、9月8日に日本初となる「船舶型基地局」の運用を開始。KDDIグループが所有する海底ケーブルル敷設船「KDDIオーシャンリンク」を日高沖に停船させ、海上からエリア復旧を図る。地震による停電の影響で、陸上基地局が十分に機能していないエリアでも、ユーザーはau携帯電話を利用できるようになる。

船舶型基地局 基地局を搭載した「KDDIオーシャンリンク」

 KDDIオーシャンリンクは被災地域に向けて飲料水や非常食、フィーチャーフォンやスマートフォンの充電スポットも運搬しており、物資の面でもサポートする。またWi-Fiスポットも提供する。

船舶型基地局 搭載された基地局

 船舶型基地局は、陸上の被災状況に影響されない海上から被災エリアをカバーするためのもの。2011年の東日本大震災で道路の寸断や光ケーブルの切断により、陸路からの基地局復旧に時間がかかった経験から運用に至った。関連機関の協力のもとで実証試験や訓練を実施し、いざというときの使用に備えていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう