ニュース
» 2018年09月13日 02時11分 公開

「Apple Watch Series 4」発表 ユーザーの落下やスリップ検知で自動SOS 「心電図」も取得可能に

米Appleが画面を30%大型化した「Apple Watch Series 4」を発表。LTEに対応した「Apple Watch Series 4 with cellular」(GPS+Cellularモデル)の価格は499米ドルから。GPSのみのモデルの価格は399米ドルから。

[井上輝一,ITmedia]

 米Appleは9月12日(現地時間)、スティーブ・ジョブズ・シアターで開催したスペシャルイベントで「Apple Watch Series 4」を発表した。従来モデルに比べ、画面が約30%大きくなった。

 LTEに対応した「Apple Watch Series 4 with cellular」(GPS+Cellularモデル)の価格は、499米ドルから。GPSのみのモデルの価格は399米ドルから。カラーはグレー、ブラック、ゴールドの3色。14日から予約を受け付け、21日に発売する。GPS+CellularモデルはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアが扱う。

 バンドが40mmのモデルは、従来モデルから35%大画面化。44mmモデルは32%大画面化した。

 新しい加速度センサーとジャイロセンサーにより、32G(重力の32倍の加速度)まで計測可能になった。これにより、ユーザーの落下やつまづき、スリップといった、身に危険が及ぶ動きを検知。自動でSOSへコールする機能を搭載した。

 また、これまでも心拍数は取得できたが、本モデルから「心電図」を取得できるように。背面の心拍センサーと本体右側面の「デジタルクラウン」を電極とし、デジタルクラウンに指を30秒間当てることで測定できる。心電図のパターンはHealthアプリに記録され、何かの兆候があった場合には医師と共有することもできるという。

 デジタルクラウンにはハプティックフィードバックを搭載。操作時によりメカニカルな触覚を提供できるという。

 スピーカーは、従来モデルに比べ50%大音量化した。

 搭載する「S4」チップには64bitのデュアルコアプロセッサと新GPUを搭載。従来モデルに比べ2倍高速になったという。

 OSには、6月に開催したWWDC 2018で発表した「watchOS 5」を搭載。

 バッテリー駆動時間は、標準的な使用で18時間。アウトドアワークアウトの利用で6時間。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう