レビュー
» 2018年10月23日 19時00分 公開

XS/XS Maxと比べてどうなのか? 「iPhone XR」のデザイン、パフォーマンス、カメラを徹底検証する (1/3)

「iPhone XR」が10月26日に発売される。シングルカメラながら機械学習を用いてポートレートモードを実現するなど、iPhone XS、XS Maxにはない特徴も備える。そんな本機のファーストインプレッションをお届けする。

[石野純也,ITmedia]

 2018年、3機種目のiPhoneとして、満を持して投入されるのが「iPhone XR」だ。同モデルは、プロセッサに「iPhone XS」や「iPhone XS Max」と同じ「A12 Bionic」を採用。カラーバリエーションも6色と豊富で、Apple直販の64GB版は8万4800円(税別、以下同)で、価格はiPhone XS、XS Maxより抑えられている。発売日は10月26日。

 シングルカメラながら機械学習を用いてポートレートモードを実現するなど、iPhone XS、XS Maxにはない特徴も備える。このiPhone XRを発売に先立って試用することができた。ここでは、そのファーストインプレッションをお届けしていきたい。

iPhone XRiPhone XR 「iPhone XR」の(PRODCUT)RED

カラフルで選びがいがあるデザイン、液晶の表示クオリティーも高い

 見た目の特徴として分かりやすいのが、フレームに7000番台のアルミを採用していることだ。ホームボタンを廃し、ディスプレイを本体いっぱいまで広げたiPhone X系統のiPhoneは、これまでフレームの素材がステンレススチールで、強い光沢感があった。これに対しiPhone XRは、アルミのため、キラリと光るのではなく、落ち着いた印象のある色味になっている。質感としては、iPhone 8や8 Plusのフレームに近い印象だ。

iPhone XR
iPhone XR 左から「iPhone XS」「iPhone XR」「iPhone XS Max」。XRはXSとXS Maxの中間のサイズ感だ
iPhone XR
iPhone XR
iPhone XR
iPhone XR フレームの素材にはアルミを採用している

 画面が本体いっぱいまで広がるとはいえ、iPhone XSやXS Maxに比べると、ややベゼルが太くなっている。これはバックライトを端まで搭載する必要がある液晶を採用しているためと思われるが、表示している映像によってはやや黒いフチが気になることもある。

iPhone XR 左がiPhone XR、右がiPhone XS Max。XRの方がややベゼルが太い

 解像度がiPhone XSやXS Maxより低い点は、かなりじっくり見ないと気付かないが、ベゼルの存在感は賛否が分かれるところだろう。当然ながら、コントラスト比も抜群に高い有機ELよりは見劣りする。とはいえ、これは先にiPhone XやXS、XS Maxを使っていたからこその感想。液晶を搭載したiPhone 8や8 Plusなどから乗り換えた人にとっては、ほとんど気にならい要素かもしれない。

 背面はガラス素材。硬質感のあるデザインで、2017年のiPhoneからの共通仕様である非接触充電にも対応する。6色とカラーバリエーションが豊富なのも、iPhone XRの特徴といえるだろう。試用したのは深みのある赤さがある「(PRODCUT)RED」だが、他にもイエローやブルー、コーラルといった、楽しげなカラーバリエーションが取りそろえられている。これらのカラーに加え、おなじみのホワイトやブラックもある。

iPhone XR 背面にガラスを採用しているのはiPhone XS/XS Maxと同じだ

 特にイエローやコーラルといったカラーは、iPhoneだけでなく、他のスマートフォンでも採用例が少ない。ガラスとの相性もよく、高級感がほどよくありつつも、ポップな印象を与える。スマートフォンはケースを付けて使う人が多いため、本体のカラーが見えなくなってしまうのは残念だが、色のよさを見せたいのであれば、あえて裸で使ったり、クリアケースを装着したりという手もある。

 アルミを採用したうえに、ディスプレイの素材も有機ELではなく液晶だ。そのため、仕様的にはiPhone 8、8 Plusの後継機とも捉えられるが、ディスプレイ形状はノッチがあり、縦に長い。ノッチ部分に搭載されるTrueDepthカメラはiPhone XS、XS Maxと同じもので、iPhone Xを進化させた1台と見ることも可能だ。2つの系統に分かれていたiPhoneを1台に融合させ、通常版のiPhoneとPlusがついたiPhoneを1台でまかなう存在がiPhone XRといえる。

iPhone XR ノッチのあるところにTrueDepthカメラを搭載している

 なお、iPhone XRは6.1型と画面サイズはiPhone XSより大きい。そのため、ユーザーインタフェースも、iPhone XS Maxに準拠しているようだ。例えば、メールやカレンダー、メッセージ、設定などのアプリは2ペイン表示に対応しており、本体を横に倒すと画面が切り替わる。さらに、ディスプレイの拡大表示にも対応。文字やアイコンを標準状態より大きくして使うことも可能だ。

iPhone XR
iPhone XR
iPhone XR 一部の内蔵アプリは、本体を横に倒すと2ペイン表示に切り替わる
iPhone XR iPhone XSでは非対応だった画面の拡大表示も利用できる
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう