ニュース
» 2018年12月05日 14時42分 公開

LINEとスターバックスが業務提携 LINE Payのコード決済導入など

LINEとスターバックスコーヒージャパンが包括的な業務提携を結んだ。2019年春をめどに、スターバックスのLINE公式アカウントを開設する。また「LINE Pay 据置端末」を2018年内に一部店舗から順次導入する。

[田中聡,ITmedia]

 LINEとスターバックスコーヒージャパンが包括的な業務提携を結んだことを12月5日に発表。「デジタル領域におけるイノベーションの加速化」を目的としたもので、「すべての人がより身近に、そして、人々の心を豊かで活力あるものにできるような世界を創出することを目指す」と両者は狙い説明している。

photo

 予定している施策として、2019年春をめどに、スターバックスのLINE公式アカウントを開設する。新商品情報やスターバックス関連のコンテンツを提供する予定。また、スターバックス店舗に、LINE PayのQRコード決済に対応した「LINE Pay 据置端末」を2018年内に一部店舗から順次導入する。

 詳細な提携内容については、2019年春に公式発表する予定。

LINE Pay 据置端末 「LINE Pay 据置端末」

 スターバックスでは、現在4人に1人がスターバックス カードやモバイルアプリを使ってキャッシュレスで支払っている。また、ロイヤリティプログラム「スターバックスリワード」の会員数は250万人以上に上る。同社はLINEのサービスと融合することで、キャッシュレス決済でイノベーションを届ける、としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう