連載
» 2018年12月16日 06時00分 公開

山根康宏の海外モバイル探訪記:お値段約30万円、重さ257g Samsungの高級折りたたみスマホ「W2019」に触れた

中国では数年前から高級路線を行く高価格なスマートフォンが販売されています。SamsungとChina Telecomが共同開発している「心系天下」シリーズです。その最新モデルに触れました。

[山根康宏,ITmedia]

 10万円超えのスマートフォンも珍しくなくない今日この頃ですが、中国では数年前から高級路線を行く高価格なスマートフォンが販売されています。Samsung Electronicsと中国電信(China Telecom)が共同開発している「心系天下」シリーズです。折りたたみスタイルのこのモデルは一見すると日本でも販売されているフィーチャーフォンからの乗り換え用途を狙った「ガラホ」の類に見えます。しかし心系天下のターゲットユーザーは富裕層。一般人向けではないのです。

W2019 ガラホに見えて実は高級機のW2019

 2019年向けモデルとなる「心系天下 W2019」はEDGE GROWと呼ぶ仕上げ。ガラスの下に7層のレイヤーを重ねて色を出すことで、深みのある表現を可能にしたとのこと。重量は257gとシリーズで最も重いですが、ズシリとくる重量感は価格相応の価値のある製品であることを感じさせてくれます。なおカメラはシリーズ初のデュアル、1200万画素を2つ搭載しています。

W2019 背面はガラスの下にマルチレイヤーで仕上げている

 ディスプレイは開いても閉じても使える両面仕様。サイズは4.2型で、片手で持つ折りたたみ形状としてはこの大きさが限界でしょうか。解像度は1080×1920ピクセル。実はこのディスプレイのサイズと解像度は、2017年に登場した「W2017」から3年連続同じスペック。W2017はGalaxy S7 edgeに影響を受け、側面に丸みを持たせたデザインでした。2018年モデルの「W2018」も曲面を残した仕上げでしたが、W2019は角をシャープにしたスタイルとなり、重厚感も増しています。

W2019 閉じても使えるディスプレイ。シャープな印象の外観

 側面には指紋認証センサーを搭載。閉じたときの精度も高く、両手で開きたくなってしまいます。なおヒンジは途中では止まらず、全開か閉じるかのどちらかで止まります。

W2019 側面に指紋認証センサー

 閉じた状態でもどの方向からも美しく見えるのは当然のこと。コストをじっくりとかけられるのが高級モデルのいいところです。心系天下シリーズは2008年からもう10年以上も続く老舗の製品。富裕層が好むデザインも十分熟知しています。

W2019 ヒンジの外からの仕上げも美しい

 テンキーには中国語の中音記号もなくすっきりした仕上げ。8のキーには「VIP」の表示がありますが、専用サポートデスクにダイレクトにつなぐサービスが提供されています。

W2019 高級モデルだけにVIPサービスにも対応

 価格は1万8888元、約31万円。あえて8並びの価格にしているのも中国の富裕層の購入意欲を高めることでしょう。「HUAWEI Mate 20」のポルシェデザインモデルも20万円を超えますし、高級なスマートフォンを求める層は常に一定数存在します。心系天下シリーズもこれからさらなる高級化を進めてほしいものです。

W2019 Galaxyシリーズにはない高級路線を貫く

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう