ニュース
» 2008年08月19日 11時00分 UPDATE

2008年PC秋冬モデル:Pumaプラットフォームを採用しHDMI端子を搭載――「LaVie L スタンダードタイプ」

NECのノートPCで主力を占めるのが「LaVie L スタンダードタイプ」だ。Pumaプラットフォームに一新して性能強化を図っている。

[ITmedia]

最上位モデルはBD-ROMドライブを標準搭載

ht_0808lls01.jpg BD-ROMドライブを内蔵した最上位モデル「LaVie L LL570/RG」

 NECのノートPCで売れ筋となっている「LaVie L スタンダードタイプ」が、フルモデルチェンジを行った。店頭向けの全5モデルのうち、上位4モデルでプラットフォームやボディを一新したほか、エントリーモデルの「LL370/RG」では従来のシングルコアCPUからデュアルコアCPUにスペックを強化した。また、全モデルで2Gバイトのメモリと160GバイトのHDDを標準実装し、OSにはWindows Vista Home Premium(SP1)、オフィススイートにはOffice Personal 2007(SP1)を採用する。

 この秋冬モデルでは、AMDの最新モバイルプラットフォーム「Puma」を全面採用しつつ、これまでのカラーバリエーション展開も継続している。具体的には、上位4モデルのチップセットをAMD M690Vから、MPEG-4 AVC/H.264の再生支援機能UVD(Unified Video Decoder)を持つGPU「ATI Radeon HD 3200」を統合したAMD M780Gに強化し、HDMI端子とIEEE802.11a/b/g/n(ドラフト)準拠の無線LAN機能を標準で搭載した。加えて、最上位モデルの「LL570/RG」では、DVDスーパーマルチドライブ機能を備えたBD-ROMドライブ(BDメディアへの書き込みは非対応)を装備し、CPUもTurion X2 RM-70(2.0GHz)を搭載してAV機能を重視している。

ht_0808lls02.jpg 3色のカラーバリエーションを展開するミドルレンジのLL550シリーズ

 一方、ミドルレンジとなる「LL550」シリーズは基本スペックが共通で、ホワイト(LL550/RG)、ピンク(LL550/RG6P)、ブラック(LL550/RG6B)のカラーバリエーションが用意される。CPUはAthlon X2 QL-60(1.9GHz)で、光学ドライブはDVD±R DL対応のDVDスーパーマルチドライブとなる。細かいところでは、付属マウスがLaVie L アドバンストタイプと同じUSBのレーザーミニマウスに強化された。

 上位4モデルに採用された新ボディは、「Neutral+soft」を基本コンセプトに、一足先に登場した「LaVie N」シリーズのような落ち着いた色合いで、シンプルかつスタイリッシュなデザインにすることでさまざまな空間に調和するのを目指したという。ボディサイズと重量は360(幅)×262.5(奥行き)×39.5(厚さ)ミリで約3キロと、前モデルより奥行きが5ミリ短く、厚さが1.5ミリ増したものの、重量は200グラム軽くなった。バッテリーの駆動時間は約1.2時間(LL570/RGのみ約1.3時間)だ。

 1280×800ドット表示の15.4型ワイド光沢液晶ディスプレイ(スーパーシャインビューEX)や19ミリピッチ/3ミリストロークのキーボード、ギガビット対応の有線LAN、4ポートのUSB 2.0(うち1基はパワーオフUSB充電機能付き)、ExpressCardスロット(ExpressCard/54対応)、SDメモリーカード(SDHC対応)/メモリースティック PRO-HG Duo/xDピクチャーカード対応のメモリカードスロットといった拡張性も夏モデルを継承しているが、唯一IEEE1394ポートが省かれているのは注意したい。

ht_0808lls03.jpght_0808lls04.jpght_0808lls05.jpg 左からホワイト(LL550/RG)、ピンク(LL550/RG6P)、ブラック(LL550/RG6B)

最下位モデルもついにデュアルコアCPUを採用

ht_0808lls06.jpg エントリーモデルの「LaVie L LL370/RG」

 エントリーモデルのLL370/RGは、CPUがシングルコアのMobile Sempron 3600+(2.0GHz)からAthlon X2 TK-55(1.8GHz)になり、PC2-5300対応のメモリも1Gバイト(512Mバイト×2)から2Gバイト(2Gバイト×1)に倍増された。HDDも5400rpmで容量120Gバイトから、160Gバイト(5400rpm)に増え、基本スペックの底上げがなされた。

 ボディは春モデルと共通で、サイズと重量は360(幅)×267.5(奥行き)×38(厚さ)ミリで約3.1キロのままだが、バッテリー駆動時間は約1.4時間から約1.3時間に微減した。


 発売はLL570/RGのみ9月上旬で、そのほかは8月下旬予定となっている。実売予想価格はLL570/RGが18万円前後、LL550/RGとLL550/RG6P、LL550/RG6Bが15万5000円前後、LL370/RGが14万円前後の見込み。直販のNEC Directでは、CPU(Turion X2やMobile Sempron)、ボディカラー、HDD容量(80/160/250Gバイト)、光学ドライブ、マウスの有無などが選択可能だ。

LaVie L スタンダードタイプ 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
LaVie L スタンダードタイプ LL570/RG 2スピンドル フルモデルチェンジ Turion X2 RM-70(2.0GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 18万円前後
LL550/RG 2スピンドル フルモデルチェンジ Athlon X2 QL-60(1.9GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 15万5000円前後
LL550/RG6P 2スピンドル フルモデルチェンジ Athlon X2 QL-60(1.9GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 15万5000円前後
LL550/RG6B 2スピンドル フルモデルチェンジ Athlon X2 QL-60(1.9GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 15万5000円前後
LL370/RG 2スピンドル マイナーチェンジ Athlon X2 TK-55(1.8GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 14万円前後
LaVie L スタンダードタイプ 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
LaVie L スタンダードタイプ LL570/RG 15.4型ワイド 1280×800 AMD M780G BD-ROM チップセット内蔵 約3キロ
LL550/RG 15.4型ワイド 1280×800 AMD M780G 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約3キロ
LL550/RG6P 15.4型ワイド 1280×800 AMD M780G 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約3キロ
LL550/RG6B 15.4型ワイド 1280×800 AMD M780G 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約3キロ
LL370/RG 15.4型ワイド 1280×800 AMD M690V 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約3.1キロ
LL550/RG6Pは外装がピンク、LL550/RG6Bはブラック、そのほかはホワイトとなる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう