ニュース
» 2009年03月05日 16時08分 公開

GeForce GTS 250搭載グラフィックスカードが各社より発売

nVIDIAより新たに発表されたGPU「GeForce GTS 250」を採用したグラフィックスカードが各社より一斉にリリースされた。

[ITmedia]

 このほど、nVIDIAより新たに発表されたGPU「GeForce GTS 250」を採用したグラフィックスカードが各社より一斉にリリースされた。

 GeForce GTS 250は、現行のGeForce 9800 GTX+の名称変更モデルとなる新命名GPUで、スペック面もほぼ継承した。リファレンス仕様では、搭載メモリは256ビットGDDR3 512Mバイト/1Gバイトを装備、動作周波数はコアクロック738MHz/メモリクロック2.2GHzとなっている。

photo ELSA GLADIAC GTS 250 1GB(左)、N250GTS-2D512-OC(中)、GF-GTS250-E512HD(右)

 エルザジャパンは、512Mバイト搭載モデルの「ELSA GLADIAC GTS 250 512MB」と1Gバイトモデル「ELSA GLADIAC GTS 250 1GB」の2製品をラインアップ。ともにリファレンスに準じた仕様となっている。3月上旬発売の予定で、予想実売価格はそれぞれ2万3000円前後/2万5000円前後(ともに税込み)。

 エムエスアイコンピュータージャパンは、オリジナルGPUクーラー“海藻ファン”を備えたオーバークロックモデル「N250GTS-2D512-OC」を発表。搭載メモリはGDDR3 512Mバイト、動作周波数はコアクロック738MHz/メモリクロック2.3GHzだ。発売日は3月12日予定で、予想実売価格は1万8980円前後。

 玄人志向は、512Mバイト搭載モデルの「GF-GTS250-E512HD」の1製品をラインアップ。GPUクーラーは、外排気を用いないオリジナル設計となっている。3月10日発売予定で、予想実売価格は1万6800円前後だ。


 またマウスコンピューターとサードウェーブはそれぞれ、GeForce GTS 250を採用したゲーミングデスクトップPCを発表した。

 マウスコンピューターは、ゲーミングPC「G-Tune」より、Core 2 E8500搭載モデル「NEXTGEAR L520XV3-WS」、Core i7搭載モデル「NEXTGEAR L720XV1-WS」「MASTERPIECE V1200SV1-WS」をラインアップ。V1200SV1-WSはGeForce GTS 250×2基のSLI構成となっている。標準構成価格はそれぞれ9万9750円/11万9700円/21万9450円だ。

 PCショップ「ドスパラ」を経営するサードウェーブは、「Prime Galleria ZG GTS250 モデル」「Prime Galleria QH GTS250 モデル」など計5機種を用意。また、既存のGeForce 9800 GTX+搭載モデルの値引きも合わせて行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう