ニュース
» 2009年04月28日 14時09分 UPDATE

ワコム製タブレット付属の“クリエイター向け”デスクトップPC3モデルを発表――マウスコンピューター

マウスコンピューターは、スリム筐体を採用したデスクトップPC「Lm-iS442S3-WS-PT」など3モデルを発表。ワコム製タブレットをバンドルしている。

[ITmedia]
photo Lm-iS442S3-WS-PT

 マウスコンピューターは4月28日、スリム筐体を採用したデスクトップPC「Lm-iS442S3-WS-PT」、ミニタワーモデル「MDV ADVANCE ST 6010S-WS-PT」「MDV ADVANCE ST 6310B-WS-PT」の3モデル6製品を発表、4月30日より販売を開始する。それぞれWindows XP Home EditionモデルとWindows Vista Home Premiumモデルを用意、価格はLm-iS442S3-WS-PTが8万9880円、MDV ADVANCE ST 6010S-WS-PTが11万9700円、MDV ADVANCE ST 6310B-WS-PTが27万9930円(いずれも税込み)。

photo MDV ADVANCE ST

 3製品は、それぞれ同社製デスクトップPC「Lm-iS442S3-WS」「MDV ADVANCE ST 6010S-WS」「MDV ADVANCE ST 6310B-WS」をベースに、ワコム製タブレットをバンドルしたクリエイター向けモデル。Lm-iS442S3-WS/MDV ADVANCE ST 6010S-WSは「Intuos 4」、上位モデルのMDV ADVANCE ST 6310B-WS-PTには「Cintiq 12WX」が付属している。

 搭載CPUおよびグラフィックスカードは、Lm-iS442S3-WSがCore 2 Duo E7400/Quadro FX 370 LP、MDV ADVANCE ST 6010S-WSがCore 2 Quad Q9400/Quadro FX 380、MDV ADVANCE ST 6310B-WS-PTがCore i7 920/Quadro FX 580となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう