ニュース
» 2009年08月18日 12時23分 UPDATE

10.2時間駆動で4万円台:ASUS、10.2時間駆動する“Seashell”シリーズ「Eee PC 1005HA」を発表

ASUSは、貝殻ボディ“Eee PC Seashell”シリーズの長時間駆動バッテリー搭載モデルを発表。日本限定カラーとともに8月21日より順次発売する。

[ITmedia]
photo 「Eee PC 1005HA」(ブラック)

 ASUSTeK Computer(ASUS)は8月18日、Netbook“Eee PC Seashell”シリーズの新モデル「Eee PC 1005HA」を発表、8月21日に発売する。価格は4万7800円(税込み)から。

 Eee PC 1005HAは、貝殻をモチーフにした曲線を描くボディと10.1型ワイド液晶ディスプレイが特徴の「Eee PC 1008HA」をベースに、公称10.2時間駆動するバッテリーを新たに採用したモデルとして展開する。本体カラーに、Eee PC 1008HAに採用したパールホワイト、クリスタルブラックに加え、日本市場限定色となるシルバーを設け、Office Personal 2007(2年間ライセンス版)が付属するモデルを用意する(シルバーカラーモデルとOffice Personal付属モデルは2009年9月以降に発売する予定)。

 公称10.2時間のバッテリー駆動時間は、同社独自の省電力技術「Super Hybrid Engine」により実現し、重量も公称5.5時間駆動のEee PC 1008HAと比べ、約170グラム増ほどに留めた。デスクトップの専用パネルから直感的にデジタルコンテンツへのアクセスや管理が行えるユーティリティツール「Eee Docking」もプリインストールする。

 本体サイズは262(幅)×178(奥行き)×25.9〜36.5(高さ)ミリ、重量約1.27キロ。搭載OSはWindows XP Home Edition(SP3)で、Atom N280(1.66GHz)、Intel 945GSE Express(グラフィックスコアのIntel GMA 950を内蔵)チップセット、1024×600ドット表示の10.1型ワイド液晶ディスプレイ(グレアパネル)、1Gバイトのメインメモリ、160GバイトのHDD(10Gバイトのオンラインストレージ利用権付き)を実装する。IEEE802.11b/g/n(nはドラフト2.0準拠)の無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR、100BASE-TXの有線LAN、USB 2.0×2、D-Sub出力などのインタフェースを備える。

photophotophoto 左からEee PC 1005HAのクリスタルブラック、パールホワイト、シルバー


関連キーワード

Eee PC | ASUS | Eee PC Seashell | Atom | Netbook | 省電力 | Windows XP | 無線LAN


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう