ニュース
» 2010年01月07日 12時01分 UPDATE

レノボ、Core-i5/i7搭載の高性能ノート「ThinkPad T/W」を発表

レノボ・ジャパンは高性能ノートPC「ThinkPad T」3製品、およびモバイルワークステーション「ThinkPad W」を発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは1月7日、高性能ノートPC「ThinkPad T」シリーズ3製品「ThinkPad T410」「ThinkPad T410s」「ThinkPad T510」、およびモバイルワークステーション「ThinkPad W」シリーズ「ThinkPad W510」の計4製品を発表、本日より販売を開始する。同社直販価格はThinkPad T410/T510が17万9550円、同 T410sが21万円、同 W510が29万8400円(いずれも税込み)。

photophotophotophoto 左からThinkPad T410/ThinkPad T410s/ThinkPad T510/ThinkPad W510

 4製品はともに同社ハイエンドノート「ThinkPad T」「同 W」シリーズの後継モデルで、ThinkPad Tシリーズ3製品はCore i5-520M(2.4GHz)、ThinkPad W510はCore i7-720QM(1.6GHz)を採用したのが特徴。初期導入OSはWindows 7 Professional/Windows XP Professionalなどが選択できる。

 液晶ディスプレイはThinkPad T410/T410sが1440×900ドット表示対応の14.1型ワイド液晶、T510/W510が1600×900ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を内蔵。メモリはDDR3 最大8Gバイト(W510は最大16Gバイト)、ストレージは最大250GバイトHDD(T410s)〜500GバイトHDD(W510)、または最大128GバイトSSDも装備可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう