ニュース
» 2010年01月21日 15時00分 UPDATE

2010年PC春モデル:Atom+IONの地デジ内蔵フルHD液晶一体型──ONKYO「E4シリーズ」

液晶一体型デスクトップPC「E4シリーズ」は、IONプラットフォームを採用し、フルHDの21.5型ワイド液晶と地デジチューナーを内蔵。価格は8万9800円から。

[ITmedia]

NVIDIA IONプラットフォームとフルHD対応21.5型ワイドの液晶一体型

photo オンキヨーの「E4シリーズ」(E441A5)

 オンキヨーの「E5シリーズ」は、21.5型ワイドの液晶ディスプレイを搭載する液晶一体型デスクトップPC。CPUにAtom 330、プラットフォームにNVIDIA IONを採用し、リーズナブルな価格で「PCで地デジ」を実現するモデルとして展開する。

 ラインアップは、ベーシックな「E441A5」とOffice Personal 2007が付属する「E441A5B」の2モデル。発売は2010年3月上旬を予定し、想定実売価格はE441A5が8万9800円、E441A5Bが10万9800円と予想される。

 液晶一体型スタイルのボディデザインは2009年秋冬モデルのE7シリーズとは大きく異なり、よりデザイン性を高めた薄型ボディを採用した。本体サイズは537(幅)×374(高さ)×76.3〜210(奥行き)ミリ(スタンド含む)で、重量は約7キロとなる。

 動画再生支援機能の「PureVideo HD」をサポートするNVIDIA IONプラットフォームの採用により、フルHD動画の再生も滑らかに表示でき、内蔵する地上デジタル放送チューナーで録画した地デジ番組なども快適に再生できる。


photophotophoto デザイン性の高い薄型ボディを採用する

 主な仕様は1920×1080ドット(フルHD)表示に対応する21.5型ワイドの液晶ディスプレイ、Atom 330(1.66GHz)、NVIDIA ION MCP7Aチップセット、2GバイトのDDR2 SDRAM(PC2-8400対応/計2スロット搭載)、320GバイトのHDD(5400rpm/Serial ATA)、DVDスーパーマルチドライブ、地上デジタル放送チューナー、1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11b/g対応無線LAN、マルチメモリカードスロット(SDHC対応SDメモリーカード、PRO対応メモリースティック、MMC)、USB 2.0×6、アナログRGB入力(サブディスプレイ用途で使用可能)など。プリインストールOSは32ビット版Windows 7 Home Premiumで、アイソレーションキータイプのUSBキーボードやスクロールホイール付きのマウスが付属する。


ONKYO E4シリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
E4 E411A5B 液晶一体型 新モデル Atom 330(1.6GHz) 2048MB(DDR2) 320GB 32ビット版7 Home Premium 10万9800円前後
E411A5 液晶一体型 新モデル Atom 330(1.6GHz) 2048MB(DDR2) 320GB 32ビット版7 Home Premium 8万9800円前後
ONKYO E4シリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU オフィス 重量
E4 E411A5B 21.5型 1920×1080 NVIDIA ION MCP7A DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 Office Personal 2007 約7キロ
E411A5 21.5型 1920×1080 NVIDIA ION MCP7A DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約7キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう